ディップスイッチ の検索結果

安定需要 さらに進化続ける[ディップスイッチ]

形状の軽薄化 省エネに対応 環境負荷低減 デジタル対応機器が増える中でディップスイッチの使用個数が増加している。回路の切り替えをメカニカルな機構で確実に行え、その状態も視認しやすいことから安定した需要になっている。 形状も小型・薄型化が顕著に進みほぼ極限に近づきつつあるものの、より高い使いやすさやコストダウンを目指した開発は継続している。ディップスイッチメーカーも集約される方向にあるものの、最後のシェア競争が続いている。   デジタル機器が増加 ディップスイッチは、電気信号の制御を目的に、機器のプログラム設定、回路切り替え、およびチェック用などで主に使用される。デジタル機器に使用が増…


ディップスイッチ市場拡大、デジタル機器増に比例

メーカー集約、進む量産化 ディップスイッチが、デジタル機器の増加に比例して市場を拡大している。回路の切り替えをメカニカルな機構で確実に行え、状態を視認しやすいこともあり安定した需要になっている。使用個数が増加する一方で、コスト競争も激しいことからメーカー大手を中心に集約される傾向が強い。   省エネ、環境負荷低減 ディップスイッチは、電気信号の制御を目的に、機器のプログラム設定、回路切り替え、およびチェック用などで主に使用される。デジタル機器が増える中で、ディップスイッチは代表的なデジタル式のスイッチの一つとして安定した市場を形成して、使用個数は着実に増加している。 国内の市場規模は…


【ディップスイッチ特集】デジタル機器需要増で安定 IoTの取り組み追い風

ディップスイッチの市場が堅調に拡大している。デジタル機器の普及が進む中で、回路切替のメカニカルな機構が確実で視認性上からも評価を高めている。ディップスイッチメーカーは集約されつつあるが、量産化によってコスト競争力は強くなっていることもあり、当分はこの状況が続きそうだ。機能的にはほぼ完成されていることから、デジタル機器の需要増と用途開拓が今後の市場動向を左右しそうだ。   進む「省エネ化」 ディップスイッチは、電気信号の制御を目的に、機器のプログラム設定、回路切り替え、およびチェック用などで主に使用される。操作用スイッチがタッチパネルなどに代替される傾向が強まる中で、ディップスイッチは…


ディップスイッチ特集

省エネ対応で需要拡大 環境負荷低減も進む 量産化でコスト増を吸収 メーカーは集約の方向へ ⅠoTに対応した取り組みが強まる中で、ディップスイッチの動向が注目されている。ⅠoTによるつながる時代の中核を成すセンシング機器とコントローラ機器にはディップスイッチが搭載されていることが多く、新たな市場を形成しようとしている。市場単価は下がり気味であるが、それを数量で補うことで堅調な需要となっている。機器の小型・薄型化が進む中でディップスイッチの形状も同様の傾向を強めてきたが、ここにきてほぼ極限となっており、現在は環境対応などの新たな価値を提供しようとしている。 ディップスイッチは、一般的にプリント基板…


ディップスイッチ 安定した市場を形成 新エネルギー関連で新たな用途

ディップスイッチの市場が堅調な動きを見せている。デジタル機器の増加が背景にある。ただ、販売競争は激しくなっており、単価は下がり気味で、ディップスイッチメーカー各社は量産効果で売り上げを確保している。機器の小型・薄型化が進む中でディップスイッチの形状も同様の傾向を強めてきたが、ここにきてほぼ極限となっている。設定状態が通電しなくてもひと目でわかるというディップスイッチの特徴を生かした用途はまだまだ多いことから、今後も安定した需要が継続しそうだ。 ■量産効果へ 大手メーカーに集約 数量は過去最高更新か ディップスイッチは、一般的にプリント基板に直接実装されることが多いが、すべてのディップスイッチが…


ディップスイッチ デジタル機器の増加で安定需要を継続 価格ダウンも生産性向上で利益確保

電子機器の各種設定用として使用されているディップスイッチは、デジタル機器の増加に合わせて使用が増えている。機器の小型・薄型化が進む中でディップスイッチの形状も同様の傾向を強めてきたが、ここにきてほぼ極限の形状となっている。使用個数の増加とともに価格は下がり気味であるが、自動化生産などで生産性を向上させ、利益を確保しているメーカーも多い。設定状態が通電しなくてもひと目でわかるというディップスイッチの特徴を生かした用途はまだまだ多いことから、安定した需要が継続しそうだ。 ディップスイッチは、半導体と同じ形状・端子配列を持つことからDIP(Dual Inline Package)スイッチと呼ばれてい…


ディップスイッチ 安定した需要 各社、独自の製品開発でグローバルな市場展開

ディップスイッチは、電子機器の各種設定用として幅広い用途で使用されている。設定状態が通電しなくてもひと目でわかることから、半導体やパネルスイッチなどへの置き換えがある一方で、まだまだ多く使用されている。昨今は電子機器の小型化傾向が著しいことから、機器に内蔵されるディップスイッチも小型化が進んでいたが、ここにきてほぼ極限の形状となっている。ディップスイッチメーカーも量産化を進めることで、ユーザーのコストニーズに対応しようとしているため、かなり参入メーカーは集約化されつつある。今後も比較的安定した需要推移が見込まれており、ディップスイッチメーカー各社は独自の製品開発力と営業力により、ますますグロー…


操作用スイッチ各社の主力製品 オータックス面実装ハーフピッチディップスイッチ「KHSシリーズ」超小型で高密度実装に最適

オータックスは、操作用スイッチを中心に、端子台やコネクタ・ソケットをはじめ、医療用センサー、各種アルミ加工、ネジ製造、それにDMMS(メカニズム部品のマニュファクチャリング)事業など、幅広い展開を行っている。 操作用スイッチでは月産1300万個を誇るディップスイッチをはじめ、5000種類と豊富な品ぞろえを誇る産業電源スイッチを中心に取り組んでいる。また、カスタム対応スイッチの受注も増加している。 このうち、ディップスイッチは大手メーカーとして、市場の動きなどをとらえながら中国、マレーシアなど世界4拠点で生産している。 操作方式で、スライド・ピアノ・ロータリー・ロッカータイプなどがそろっており、…


ディップスイッチ安定市場形成 グローバル市場で競争激化 自動化生産への取組み強める

■数量的には過去最高ペース ディップスイッチは、半導体と同じ形状・端子配列を持つことからDIP(DUAL INLINE PACKAGE)と呼ばれている。一般的にプリント基板に直接実装されることが多いが、すべてのディップスイッチが基板に実装されるわけではない。電気信号の制御を目的に、機器のプログラム設定、回路切り替え、およびチェック用などで主に使用される。操作用スイッチ全体にタッチパネルやプログラマブル表示器などとの競合が懸念されている中で、ディップスイッチは比較的その影響が少ない。半導体との競合も限定的に推移しており、比較的安定した市場を形成している。国内の市場規模は70億円前後と見られている…


オータックス 実面装ハーフピッチ「KHSシリーズ」 ディップスイッチ各社の主力製品超小型で高密度実装に最適

オータックスは、ディップスイッチの大手メーカーとして、中国、マレーシアなど世界4拠点で1000種類・月産1300万個体制を確立。 操作方式で、スライド・ピアノ・ロータリー・ロッカータイプなどがそろっており、さらにハーフピッチタイプ、コモン端子をもつシングルラインのSIPスイッチや、抵抗やダイオードを内蔵した複合型ディップスイッチ、本体が亜鉛ダイキャスト製の堅牢タイプなど豊富に完備。 このうち面実装ハーフピッチディップスイッチ「KHSシリーズ」は、同社従来品(8極)の面積比で41・9%の極超小型化を実現、高密度実装に最適。また、エンジニアリングプラスチック使用で耐熱性もさらにアップしている。接点…