Check !!

操作用スイッチ主要各社の重点製品 オータックス「ハーフピッチディップスイッチKHシリーズ」極超小型で高密度実装に最適

オータックスは、産業用スイッチの専門メーカーとしてディップスイッチ、電源スイッチを中心に、幅広い製品群を誇る。最近は中国、香港、韓国、マレーシアなど合わせたオータックスグループとしての連携を強めている。

このうち、ディップスイッチはトップメーカーとして、1000種類と月産600万個体制で取り組んでおり、依然フル生産の状況が続いている。

1990年代にハーフピッチを業界で最初に開発して以来、常に業界に先駆けた展開を進めており、現在、スライド・ピアノ・ロータリー、ロッカー、押しボタンタイプなどをシリーズ化している。

さらにコモン端子をもつシングルラインのSIPスイッチ、抵抗やダイオードを内蔵した複合型DIPスイッチ、本体が亜鉛ダイキャスト製の堅牢タイプなども完備。

面実装ハーフピッチ(1・27ミリ)ディップスイッチKHシリーズは、月産100万個を誇る。内部構造の極超小型化で同社従来品(8極)の面積比で41・9%を実現しており、高密度実装に最適。

また、エンジニアリングプラスチック使用で耐熱性もさらにアップ。接点は金メッキが標準仕様で、SMTマウンターによる自動実装、リフロー及び洗浄ができる。自動実装は、テープ、カートリッジなどでの供給が可能。
(http://www.otax.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG