操作用スイッチ主要各社の重点製品 オータックス「ハーフピッチディップスイッチKHシリーズ」極超小型で高密度実装に最適

2011年4月20日

オータックスは、産業用スイッチの専門メーカーとしてディップスイッチ、電源スイッチを中心に、幅広い製品群を誇る。最近は中国、香港、韓国、マレーシアなど合わせたオータックスグループとしての連携を強めている。 このうち、ディップスイッチはトップメーカーとして、1000種類と月産600万個体制で取り組んでおり、依然フル生産の状況が続いている。 1990年代にハーフピッチを業界で最初に開発して以来、常に業界に先駆けた展開を進めており、現在、スライド・ピアノ・ロータリー、ロッカー、押しボタンタイプなどをシリーズ化している。 さらにコモン端子をもつシングルラインのSIPスイッチ、抵抗やダイオードを内蔵した複…