【速報】「レーザーEXPO/産業用カメラ展(OPIE’18)」取材レポート

最先端のレーザー・光学技術が一堂に集まる「OPIE’18」(主催=OPI協議会)が、4月25日(水)~27日(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催される。「OPIE’18」を構成する「レーザーEXPO」「産業用カメラ展」から注目度の高い約20社のブースを取材し、先端技術や製品を写真と解説つきで取材レポートをお届けする。 ▼「レーザーEXPO」「産業用カメラ展」出展社ブースを取材したレポートをご覧いただけます。   取材レポート掲載企業 レーザーEXPO 株式会社日本レーザー パルス幅フェムト秒からピコ秒まで、出力最大100W 産業用途向けオールインワン・ピコ秒/…

続きを読む

アズビル 熱式微小液体流量計「形F7M」微小液体流量を高精度計測

azbilグループは「人を中心としたオートメーション」のグループ理念のもと、計測と制御の技術を活用し、人々の安心・快適・達成感の実現と地球環境への貢献を目指し、工場やプラントでのアドバンスオートメーション事業、建物市場でのビルディングオートメーション事業、ライフラインや健康市場でのライフオートメーション事業を展開している。 医療市場では装置単位での流量・圧力・温度・湿度計測と制御を提供している。 Medtec Japanでは、微小液体流量計、液面(気泡)・漏液スイッチ、グラフィカル調節計などを中心に展示する。ブース№は4308。 このうち、熱式微小液体流量計「形F7M」は、従来難しかった30ミ…