小型・軽量化が進展 高密度実装化に対応 特集 ディップスイッチ

ディップスイッチはプログラミング設定用スイッチとして市場を形成している。デジタル関連機器の増加も追い風となっている。生産は昨年前半までは高水準の状態が続いていたが、ここに来て一服感も出ている。使用する機器の小型化に対応して、形状の小型・薄型化が著しく、高密度実装化ニーズに対応している。環境やコスト対応などから、新たな設計品も志向されており、市場に活気をもたらしている。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る