総務省「情報通信白書」5Gでワイヤレス化加速、現場の生産性向上 さらに進化

総務省は2020年版「情報通信白書」をまとめ、そのなかで5Gの産業利用について言及している。製造業における5Gの現状と期待とは。 4Gまでの移動通信システムの進化は情報通信産業を一大産業にまで押し上げて「ワイヤレスの産業化」を実現した。続く超高速・超低遅延・多数同時接続という特長を持つ5Gでは、移動通信システムが今度は製造業をはじめとする各産業や分野に広く実装され、デジタルトランスフォーメーションを支える基盤となる「産業のワイヤレス化」を実現する上で、不可欠なものになる。 産業界における5Gへの認識は、総務省「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」(20年)によると、関…


ユーエイ、統合型ネットワークシステム「ユーエイ・スマートキャスター・システム」提供開始

ユーエイ(東大阪市)は、誰でも簡単にIoT環境の構築ができる統合型センサネットワークシステムを開発し、「ユーエイ・スマートキャスター・システム」として10月から提供開始する。 「ユーエイ・スマートキャスター・システム」は、 ① データを取る 「各種IoT センサノード」 ② データを集める 「IoTゲートウェイ」 ③ データを活用する「可視化・分析アプリのクラウドサービス/MotionBoardクラウド連携」 IoT環境の構築に必要な、上記3つのソリューションをワンストップで提供する統合型ネットワークシステム。   IoT 製品開発の背景 世界の人口は今後も増え続けることが見込まれる…


IDEC φ22スマートRFIDリーダ、機械・装置の権限管理

IDECは、機械・装置の権限管理や生産現場の履歴管理が可能なφ22スマートRFIDリーダ「KW2D形」を、9月7日からグローバルで発売した。 近年、生産現場では各種機械設備を操作する際に、個人認証による操作制限や、履歴を残す要求が増えている。 入退室管理など履歴を電子化 新製品は、社員証などのICカードや、鍵の代わりとして欧州で広く使われているKEYFOBタグの読み取りができるRFIDリーダ。パネル面高さ9ミリメートル、奥行48.5ミリメートルのコンパクトデザインで、φ22ミリメートルの穴があればそのまま既存パネルに取り付けが可能。 パネルに取り付けたら作業者のICカードを登録し、機械操作時に…


新製品ニュース

ブラザー販売、シリーズ最小・最軽量の感熱モバイルプリンター発売

ブラザー販売は、感熱モバイルプリンターの新製品として、「RJ」シリーズ最小・最軽量の本体サイズを実現した2インチモデル「RJ-2035B」と、3インチモデル「RJ-3035B」を10月中旬から順次発売する。   「RJ」シリーズは、電源確保が難しい作業現場や、粉じん・水滴が多い工場など、過酷な使用環境における印刷ニーズに対応するモバイルプリンター。 今回、ユーザーからの要望が多かった本体サイズのコンパクト化を実現した新製品を、2インチ・3インチモデルで用意。キャッシュレス決済が普及する中で需要が高まるモバイル端末からのレシート印刷や、保守・検針などの作業現場での印刷用途での拡販を目指…

続きを読む



企業ニュース

オプテックス・エフエー『第七回現場川柳』募集開始、ものづくりに元気と笑いを!

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエーは、第七回となる「現場川柳」を10月1日(木)から12月13日(日)まで募集する。 「現場川柳」とは、オプテックス・エフエーが定めた「センサの日(10月3日)※」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などのあらゆる“現場”にまつわる川柳を募集する企画。 昨年の『第六回現場川柳』では、応募総数9,946作品の中から「作業服 脱げぬ老後の 二千万」(らくちゃんさん)が大賞を受賞した。 今回は「コロナに負けるな! ものづくりに元気と笑いを」をテーマとして、このコロナ禍のなかでも、国内製造業に活力と笑顔を届けられる川柳企画を目指すとしている…

続きを読む



業界動向

工場新設・増設情報 9月第5週 テクノフレックス、シミックCMO、横浜ゴム、ポリプラスチックス

【国内】 ▶︎テクノフレックス 生産効率の向上と製品対応力の強化によるマーケット獲得を目的に、伸縮管継手(継手事業)の主力工場である新潟工場(新潟県村上市)を拡張する。既存工場の隣接地に工場を増設し、既存の工場と一体化することで、工場規模の拡大と設備の充実を図るとしている。 増設する工場の敷地面積は約3300平方メートル、延床面積は約1800平方メートル、総投資額は約5億4000万円(別途用地取得費約9000万円)。着工は2020年11月、完成は21年6月を予定。   ▶︎シミックCMO 静岡事業所(静岡県島田市)に医薬品の連続生産設備を導入する。 連続生産は、通常の医薬品製造時(バ…

続きを読む



特集

リタール 屋内/屋外用ボックス「AXプラスチックボックス」

耐久性と作業性を向上 リタールは新製品として、屋内/屋外用ボックス「AXプラスチックボックス」の販売を開始する。 従来品のKSプラスチックボックスの後継品となる製品で、より屋外での使用を考慮しており、次の改良がなされた。 ①安全性の向上 筐体デザインを一新し、耐久性を強化した。UV耐性は7倍、保護等級はIP66/UL Type 4X(透視窓付き仕様はIP56/UL Type12)、耐衝撃性はIK09とそれぞれ向上している。 ②作業効率性の向上 内装構造を改善し、部品の取り付けやアース作業をより簡単にしたほか、ドア位置の左右切り換えや、オプションアクセサリーを使った壁や柱への取り付けも楽にできる…

続きを読む