経産省 日本版インダストリー4.0 注力5分野が決定 現場力で人材不足解消

経済産業省は、日本版インダストリー4.0とも言える「Connected Industries(コネクテッドインダストリーズ)」について、注力5分野と今後の進め方が決定した。ものづくり・ロボット分野はロボット革命イニシアティブが主体となって進め、現場力を生かしたソリューションや人材不足の解消に向けて、これまでの動きをさらに加速していく。 RRI中心になり推進 コネクテッドインダストリーズは、既存産業とデジタル技術の「つながり」をはじめとして、機械、データ、技術、ヒト、組織などさまざまなもののつながりによって新たな付加価値の創出や社会課題の解決を目指す活動のこと。8月31日の大臣懇談会で注力する5…


理光フロートテクノロジー レベルスイッチ「RFSシリーズ」高い信頼性で多彩な用途

理光フロートテクノロジーは液面レベルセンサやフロートスイッチが高い信頼性を誇り、顧客の信頼を得ている。 同社製レベルスイッチは、安心・安全にこだわった設計がされており、リードスイッチは活性化を防ぐため不活性ガスが封入されている。接点部分もロジウムメッキで表面処理がされており、大容量タンクから機器組み込み用まで、材質、機能、性能別に豊富な機種をそろえ、幅広いレベル計測ニーズに対応している。 適用用途に応じて素材も豊富。樹脂製の「MFSシリーズ」、ステンレス製の「RFSシリーズ」などを中心に幅広いラインアップとなっている。同社製のフロート「硬質完全独立気泡体RF-2シリーズ」は、比重変化がなく沈ん…


三菱電機 MELSENSORビジョンセンサ「VS20」照明一体でコンパクト

三菱電機は2017年からFAセンサのブランドを「MELSENSOR」として取り組みを開始した。 4月から販売した「MELSENSORビジョンセンサVS20」は、カメラ、照明、画像処理機能を手のひらサイズに凝縮した照明一体型のコンパクトサイズで、外付けの照明や画像処理ユニットが不要なため、狭いスペースにも設置できる。 また、初心者でも専用ソフトを用いて直感的な設定が簡単に行え、さまざまな用途で信頼性の高い検査システムの構築が可能。しかも高輝度なLEDリングライトを内蔵することで、外部照明が不要になり、コスト削減にもつながる。 さらに、SLMP対応により、同社のシーケンサ「MELSEC ⅰQ-Rシ…


特集

三菱電機 MELSENSORビジョンセンサ「VS20」照明一体でコンパクト

三菱電機は2017年からFAセンサのブランドを「MELSENSOR」として取り組みを開始した。 4月から販売した「MELSENSORビジョンセンサVS20」は、カメラ、照明、画像処理機能を手のひらサイズに凝縮した照明一体型のコンパクトサイズで、外付けの照明や画像処理ユニットが不要なため、狭いスペースにも設置できる。 また、初心者でも専用ソフトを用いて直感的な設定が簡単に行え、さまざまな用途で信頼性の高い検査システムの構築が可能。しかも高輝度なLEDリングライトを内蔵することで、外部照明が不要になり、コスト削減にもつながる。 さらに、SLMP対応により、同社のシーケンサ「MELSEC ⅰQ-Rシ…

続きを読む



人事・決算

人事異動(横河電機・不二電機工業・日東工業)

■横河電機(9月1日付、以下同) ▽経営管理本部IR部長(IR部)小林倫崇 ■不二電機工業 ▽兼社長付・技術営業部技術部長 執行役員・技術営業部門統括(執行役員八木達史▽技術営業部長(技術営業部技術部長)井幡進 ■日東工業 ▽経営企画室主幹(品質保証室長)鈴木忍▽品質保証室長(品質保証室主幹兼品質推進課長)川井穣▽品質保証室主幹兼品質推進課長(生産本部名古屋工場長兼機器商品部長)永島達也▽兼生産本部名古屋工場長 名古屋IT商品部長中野日出夫▽生産本部機器商品部長(生産本部主幹)高橋良太

続きを読む



業界動向

【寄稿】Black Duck Software「オープンソースソフトウェアに対する世界規模の飽くなき欲求」後編

プロジェクトの積極的な参加者になる オープンソースのリスクを大幅に減らす方法の1つは、重要なプロジェクトの積極的な参加者になることです。調査では、66%の組織が「オープンソースプロジェクトを積極的にサポートしている」と答えています。その一方で、何らかのオープンソースプロジェクトにフルタイムの開発リソースを提供している組織は24%しかありませんでした。 回答した企業の多くが「従業員のプロジェクトへの積極的な参加を奨励している」と答えていました。そのこと自体は喜ばしいことですが、バグ修正や機能向上への貢献を具体的に奨励している組織が53%だったのは驚きではありませんでした。 多くのオープンソースプ…

続きを読む



連載

【寄稿】Black Duck Software「オープンソースソフトウェアに対する世界規模の飽くなき欲求」後編

プロジェクトの積極的な参加者になる オープンソースのリスクを大幅に減らす方法の1つは、重要なプロジェクトの積極的な参加者になることです。調査では、66%の組織が「オープンソースプロジェクトを積極的にサポートしている」と答えています。その一方で、何らかのオープンソースプロジェクトにフルタイムの開発リソースを提供している組織は24%しかありませんでした。 回答した企業の多くが「従業員のプロジェクトへの積極的な参加を奨励している」と答えていました。そのこと自体は喜ばしいことですが、バグ修正や機能向上への貢献を具体的に奨励している組織が53%だったのは驚きではありませんでした。 多くのオープンソースプ…

続きを読む