オムロン、品川にFA・自動化の支援施設ATC-TOKO開設 その狙いと日本のFA・IoT最新事情を探る

オムロンは1月22日、東京品川に、ものづくり企業の生産工程の自動化や効率化、スマートファクトリーへの取り組みを支援するための中核拠点「オートメーションセンターTOKYO(ATC-TOKYO)」と「オートメーションセンター TOKYO POC LAB(POC-TOKYO)」をオープンした。20万点にわたる制御コンポーネンツとロボット、AI、IoTを組み合わせて、最先端の制御技術と未来の製造現場、スマートファクトリーの姿を再現し、ものづくり企業が見て、学び、触り、考え、相談し、実践するまでの「場」と「技術」を提供し、彼らの取り組みを一貫してサポートする。 ATC-TOKYO概要  ATCは、自社製…


東芝インフラシステムズ 産業用コンピュータ発売、エッジ制御に対応

東芝インフラシステムズは、エッジコンピューティングに求められる機能と堅牢性を凝縮した、産業用コンピュータシリーズの新モデル「CP30 model300」の販売を開始した。 新製品は、低消費電力プラットフォーム「Intel Atom x5-E3940プロセッサ(1.6GHz/4コア)を採用し、自然空冷によるファンレス化を実現。発熱を抑制し、専用設計のヒートシンクによって自然空冷による冷却効果を高め、0~50℃の設置環境温度を実現する。補助記憶装置にSSDを採用し、HDDなどの機械駆動部分を排除したスピンドルレス構造としており、より高い耐環境性能を有している。 また、設置する場所や組み込む装置に合…


ライト電業 2月14日からFA関連展示会、中四国・九州6カ所で開催

ライト電業(岡山市南区)は、恒例の「ライト電業オリジナル展示会2020」を、中四国・九州の6カ所で開催する。 同展は隔年で開催している中四国・九州地区最大級の最先端製造業向け展示会。今回で9回目となり、業界トップメーカー103社(この内初参加22社)が出展する。 18年の前回は5587人の来場があり、セミナーには1438人が参加するなど、大きな盛り上がりを見せた。 今回も昨年11、12月に東京で開催されたFAと制御の展示会「IIFES」や国際ロボット展で披露された最新の製品・技術・ソリューションが同地区でも展示される予定で、見られなかった製造関係者にとっては、見逃せない機会となりそうだ。 また…


新製品ニュース

パトライト 主力製品シリーズ刷新、回転灯光源寿命10万時間実現

パトライト(大阪市中央区)は、シリーズ刷新となる回転灯SK型とSF型、表示灯SL型を1月6日から発売した。 新製品はいずれもLED光源を採用しており、光源寿命は10万時間以上を実現。外観は汚れがたまりにくいスムースサーフェースデザインで、保護特性IP66/IP65(マウントラバー取付)、さらに2年間の無償修理対応保証付き。 灯体サイズはφ80、φ100、φ150mmの3サイズ、電源電圧は低圧(DC12V~24V)・高圧(AC100V~240V)の2ラインに集約。これまではさまざまなサイズ・電圧の存在により都度発注・生産を行っていたが、機種集約により在庫の適正化・短納期での提供が可能となる。 ま…

続きを読む



企業ニュース

工場新設・増設情報 1月第5週 不二越、ロート製薬、リコー、堀場製作所など

【国内】 ▶︎不二越 富士事業所(富山県富士市)に建設を進めていた小型ロボット専用のロボット第3工場が2019年12月に竣工し、1月から操業を開始した。現在、あらゆる産業分野でロボット導入による自動化の取り組みが拡大しており、特に電機・電子・EMS市場、一般産業機械市場では、これまでの人手作業の自動化や、小型ロボットへの置き換えニーズが高まっている。これらを背景に、MXシリーズを中心とした小型ロボットの増産と、無人化ラインの設置による生産能力の増強・生産性改善を目的に工場を新設。 敷地面積は約5500平方メートル、総投資額は約20億円。無人化ラインの導入は5月を予定。   ▶︎ロート…

続きを読む



業界動向

工場新設・増設情報 1月第5週 不二越、ロート製薬、リコー、堀場製作所など

【国内】 ▶︎不二越 富士事業所(富山県富士市)に建設を進めていた小型ロボット専用のロボット第3工場が2019年12月に竣工し、1月から操業を開始した。現在、あらゆる産業分野でロボット導入による自動化の取り組みが拡大しており、特に電機・電子・EMS市場、一般産業機械市場では、これまでの人手作業の自動化や、小型ロボットへの置き換えニーズが高まっている。これらを背景に、MXシリーズを中心とした小型ロボットの増産と、無人化ラインの設置による生産能力の増強・生産性改善を目的に工場を新設。 敷地面積は約5500平方メートル、総投資額は約20億円。無人化ラインの導入は5月を予定。   ▶︎ロート…

続きを読む



特集

【2020年年頭所感】22の主要工業団体による年頭所感 目次アーカイブ

主要工業団体の「2020年 年頭所感」アーカイブです。 オートメーション新聞では、2020年1月8日付と1月15日付の2回に渡り、計22の工業団体の年頭所感を記事にしています。 今回、Web版にて22団体の年頭所感を一挙にご紹介!   ■ 日本電気制御機器工業会 「『5ZERO』の取り組み加速」 尾武宗紀 会長 ■ 日本電機工業会 「業界のプレゼンスを高める」 長榮周作 会長 ■ 電子情報技術産業協会 「企業間での共創は不可欠」 遠藤信博 会長 ■ 日本電気計測器工業会 「さらなる展示会の価値向上」 西島剛志 会長 ■ 日本工作機械工業会 「世界の製造業発展へ貢献を」 飯村幸生 会長…

続きを読む