壬生電機 電気配線用高速マルチプリンター 従来機を大幅リニューアル 使いやすさと省コスト両立

壬生電機製作所(京都市南区)は、機能と使い勝手を追求し、従来機を大幅リニューアルした電気配線用高速マルチプリンター「MP-60N」を7月から発売した。 多様な印字 1台で 配電盤、制御盤の製造業界は人手不足が深刻化しており、少しでも業務負荷を減らしたいという喫緊のニーズがある。 同社はこのニーズに応え、電気配線用プリンターの基本となる機能を大幅に見直し、使いやすさと省コストを両立した新製品を開発した。 印字ヘッドを3カ所使用可能なトリプルヘッドを採用した同製品は、サイズおよびコストを従来機比で約30%削減するとともに1台のPCで複数台の制御が可能となっており、省コストだけでなく省スペースにも貢…


日立ハイテクノロジーズ、タイにおけるシェア工場(スマートファクトリー)サービスの合弁会社を設立

日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)の100%子会社であるHitachi High-Technologies (Singapore) Pte. Ltd.(取締役社長:内山 徹也/以下、HTS)は、タイの工業団地開発最大手企業であるAmata Corporation Public Company Limited(以下、アマタ社)と、「Hitachi High-Tech Amata Smart Services Co., Ltd.(以下、HTAS)」を合弁で設立し、スマートファクトリー技術を導入したシェア工場事業(以下、本事業)を本格的に開始しました。 現在、グローバル化の進展に伴い、多く…


センコーグループホールディングス、AIやロボットなどの開発・システム販売を行う「イノバテックスタジオ」を設立

センコーグループホールディングス(以下センコー)は、2018年7月17日付で、AIやロボットなどの次世代技術の開発やシステム販売などを行う「イノバテックスタジオ株式会社」(以下、イノバテックスタジオ)を設立します。 センコーは、アームロボットや無人搬送機など、物流センターの省人化・機械化につながる設備を一部事業所で導入していますが、これをさらに加速し、AIを活用した業務の自動化・効率化の研究開発を本格化させるため、今年4月、「AI化プロジェクト」と「ロボティクスプロジェクト」(以下、プロジェクト)を設置しました。 イノバテックスタジオは、このプロジェクトの技術開発部門を法人化するもので、システ…


新製品ニュース

キャプテンインダストリーズ、各種工作機械など専用のカートリッジ式ミストコレクター「ARGOS(アルゴス)」シリーズを8月から販売開始

世界各地からハイエンドな工業・産業用周辺機器や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売している技術商社のキャプテンインダストリーズ(東京都江⼾川区)は、強力なフィルタリング機能を持ちながら、メンテナンス性に優れ送風量差圧を目視できる新開発のインテリジェントなビジュアルインジケータを搭載した、大型工作機械および集中システム専用のカートリッジ式ミストコレクター「ARGOS(アルゴス)」シリーズを2018年8月から日本国内で販売開始いたします。 金属(切削)加工の多い自動車部品、金型などの製造工場をターゲットに、本年度100台の販売を目指します。 ★「アルゴス」シリーズの紹介ページ ▲ARGOS(アルゴス…

続きを読む



企業ニュース

東京エレクトロンデバイスとアドバンテック、AI×IoT時代に向けて「エッジコンピューティング」の推進を発表

~Microsoft Azure連携のIoTエッジコンピューティングソリューションの販売を推進~ 東京エレクトロン デバイス(神奈川県横浜市、以下TED)は、産業用コンピュータの分野で世界トップクラスのシェアをもつアドバンテック(Advantech Co.Ltd)(本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区)と、この度両社のパートナーシップを強化し、「エッジコンピューティング」を共に推進します。 従来の組込みハードウェア単体のビジネスからIoTソリューションビジネスへの変革を目的として、Microsoft Azure連携のIoTエッジコンピューティングソリューションを共同開発し、その販売を推進し…

続きを読む



業界動向

NECA主体で運用の要員認証制度、IEC/IECEE CMCで国際標準化に合意

経済産業省の支援により、一般社団法人 日本電気制御機器工業会(NECA)が主体となって運用している機械安全に関する要員認証制度の国際標準化に取り組んできましたが、このたび2018年6月5日~6日にフランスで開催されたIEC/IECEE CMC(認証管理委員会)会議にて賛同を得て、IECEEでその制度開発を本格的に進めることが正式に合意されました。 開発作業はTF(タスクフォース)で進められ、主査はNECA制御安全委員会委員(前田育男委員)が務めます。 現在、事務局からメンバー国に対し、広くTF への参加が呼び掛けられています。この後のTF 会議は今秋に日本で開催する予定です。   ※…

続きを読む



特集

速報取材レポート公開!自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2018 名古屋

2018年7月11日(水)〜13日(金)の3日間、ポートメッセなごやで開催中の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」。完成車メーカーから部品・材料メーカーまで国内外の最新技術と製品が集まる、自動車技術者のための技術展です。 今年の出展者数は367社以上。約40,000名の来場者を見込む、注目の展示会です。本ページでは製造業の技術者に向けて、展示会の概要と速報取材レポートをお届けします!  ▼「人とくるまのテクノロジー展 2018 名古屋」出展社ブースを取材した速報レポートをご覧いただけます。   取材レポート掲載企業 速報版では以下の企業を掲載しています。明日以…

続きを読む