[ロボット事業インタビュー]三菱電機、オールFA機器メーカーの強み 人とロボットの共存が拓くスマートファクトリー

三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志 氏  スマートファクトリーは自動化によって工場が進化した理想の姿。それはロボットだけでは実現できず、さまざまな技術の組み合わせで初めて成立する。三菱電機は2003年から「e-F@ctory」を提唱し、FA機器とロボットの両方を手掛けてスマートファクトリー化を提案してきた。三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志 氏に話を聞いた。 協働ロボットが引き金となった2つの新潮流 ーー最近のロボット市況について  市況は厳しい状態が続いているが、自動化ニーズ、人手不足対策としてのロボ…


令和の販売員心得 黒川想介 (12)

初回アプローチこそ丁寧に 感謝と尊敬の念を持って… いつの時代も顧客を増やす新規開拓という営業活動は、販売員の重要な任務である。昭和時代には、飛び込み訪問が新規開拓の主流であった。工場と見れば入って行って、成功したり断られたりを繰り返した。 現在の環境では飛び込み訪問のできる時代ではない。かつての飛び込み訪問に近いやり方は、自社が扱う商材を使いそうな企業に電話をかけて、アポイントを取るやり方である。このやり方も成功率は低い。販売店でも新規の見込み客を取り込んでいきたいが、新規開拓月間とか一人何件とかの目標を掲げて、積極的な作戦を展開する販売店はなくなった。それでも各販売店の顧客は少しずつ増えた…


シーメンスとオムロン 現場データ活用で協力、高水準な課題解決目指す

シーメンスとオムロンは、オムロンが進めているデータ活用サービス「i-BELT」について両社でパートナー協力し、シーメンスの産業IoT向けOS「MindSphere」を活用した実証実験を開始する。 オムロン草津工場を中心に複数拠点の製造設備を連携し、各地から大量の製造現場のデータを収集、分析。オムロンの熟練コンサルタントが、各拠点のデータを具体的な現場課題と紐づけて分析し課題を可視化。大量のデータを活用して機械制御の精度をさらに高め、複数拠点の課題を高水準で同時に解決することを目指す。


新製品ニュース

安川電機 人協働ロボット新ラインアップ 防じん・防滴耐性強化、可搬質量も20キロへ

安川電機は、人協働ロボットの新たなラインアップとして、可搬質量20キログラムの「MOTOMAN-HC20DT防じん・防滴仕様」(最大リーチ1700ミリメートル)を、11月25日から販売開始した。 同社は、ちり・ほこり・液体などへの耐環境性を向上させた可搬質量10キログラムの人協働ロボットを7月から販売しているが、過酷な環境下で、より大型のワーク搬入が可能な協働ロボットのニーズが高まっていることから、今回、可搬質量20キログラムに向上させて商品化。大型ワークや複数ワークの同時搬送にも対応し、人協働ロボットの適用領域拡大を実現している。 全軸においてIP67の防塵・防滴構造となっており、表面塗装は…

続きを読む



企業ニュース

工場新設・増設情報 12月第2週 JOLED、永大産業、資生堂、大塚製薬など

【国内】 ▶︎JOLED 2018年に開設以降、新棟建設、設備搬入、ラインの構築を進めてきたJOLED能美事業所(石川県能美市)に、有機ELディスプレイの量産ラインが完成し、稼働を開始した。20年の量産開始に向け、顧客に提供するサンプルの試作を順次進めていく。中型・高精細の有機ELディスプレイを生産する独自の印刷製造方式で、ハイエンドモニターや医療用モニター、車載などの用途向けに生産していく。 基板サイズはG5.5(1300×1500ミリメートル)、生産能力は月産2万枚(ガラス基板投入ベース)。   ▶︎永大産業 パーティクルボードの製造を目的に、5月に設立した合弁会社・ENボードの…

続きを読む



業界動向

「SEMICON Japan 2019」12/11〜13、東京ビッグサイトで開催

「次代のコアになる。」 IoT/5Gの価値創造へ 世界最大級、エレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2019」(主催=SEMI)が、12月11日(水)~13日(金)の3日間、東京ビッグサイト(西・南ホール、会議棟)で開催される。 半導体デバイス製造の全工程からアプリケーションにいたるまで、約700社が最先端の製造技術を出展し、各種セミナーやイベントも実施される。 開場時間は10時~17時、入場料は無料(事前登録制)。※写真は前回2018年の様子   半導体製造の全工程からアプリケーションまで集結 「SEMICON Japan」は、半導体の前工程…

続きを読む



特集

「SEMICON Japan 2019」12/11〜13、東京ビッグサイトで開催

「次代のコアになる。」 IoT/5Gの価値創造へ 世界最大級、エレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2019」(主催=SEMI)が、12月11日(水)~13日(金)の3日間、東京ビッグサイト(西・南ホール、会議棟)で開催される。 半導体デバイス製造の全工程からアプリケーションにいたるまで、約700社が最先端の製造技術を出展し、各種セミナーやイベントも実施される。 開場時間は10時~17時、入場料は無料(事前登録制)。※写真は前回2018年の様子   半導体製造の全工程からアプリケーションまで集結 「SEMICON Japan」は、半導体の前工程…

続きを読む