[ロボット事業インタビュー]三菱電機、オールFA機器メーカーの強み 人とロボットの共存が拓くスマートファクトリー

三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志 氏  スマートファクトリーは自動化によって工場が進化した理想の姿。それはロボットだけでは実現できず、さまざまな技術の組み合わせで初めて成立する。三菱電機は2003年から「e-F@ctory」を提唱し、FA機器とロボットの両方を手掛けてスマートファクトリー化を提案してきた。三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志 氏に話を聞いた。 協働ロボットが引き金となった2つの新潮流 ーー最近のロボット市況について  市況は厳しい状態が続いているが、自動化ニーズ、人手不足対策としてのロボ…


シュナイダーエレクトリック エッジも監視可能、設備管理ソリューション

シュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert」を12月1日、国内で販売開始する。 新ソリューションは、ITスペースのインフラ設備の稼働状況、温湿度などの環境情報、セキュリティ情報などのデータを収集し、監視や管理を行うことができる。クラウドベースのため、アプリケーションのインストールや複雑な導入作業がいらず、常駐のIT管理者がいないオフィスや工場などのエッジ環境でもリアルタイムでリモート監視が可能。 ネットワーク接続されたあらゆるインフラ機器で、ベンダーを問わずに状態の可視化ができる。接続機器単位の課金制のため、監視…


ASPINA 電動3爪ロボットハンド「UR+」に認定

ASPINA(シナノケンシ)の電動3爪ロボットハンド「ARH305A」が、日本メーカーのグリッパとして初めてユニバーサルロボットの周辺機器プラットフォーム「UR+」の認証を受けラインアップに加わった。 同製品は3本の爪を持つ電動ロボットハンドで、ステッピングモータを使ったサーボシステムにより、ワークの硬軟や形状に合わせて把持力や動作速度、爪の開閉具合を制御でき、異形物や柔らかいものの把持に適している。爪はφ116ミリまで広がり、ワークの形質、サイズに合わせて最適な動作パターンを選ぶことができる。 また中空構造となっており、ファイバーカメラを通して手のひらカメラにしたり、ライトを取り付けてのビジ…


新製品ニュース

エスディエス 防塵ラック、粉塵・熱環境から機器保護

金属製ファニチャーメーカーのエスディエス(石川県白山市)は、11月1日、パソコン用防塵ラック「まもる君 NEXT Ⅱ」の販売を開始した=写真。 新製品は、IoTやAIの導入が進む製造現場や物流倉庫で、センサー、コントローラー、アンプやIT周辺機器を保護する防塵ラック。24インチモニターと23インチワイドモニターが搭載でき、窓部が広いため視認性が良いのが特長。 USBポートは3口装備しており、扉を開け閉めせずに外部から直接キーボード+マウス+α(USBメモリやバーコードリーダーなど)を接続することができる。 カラーは、従来のダークトーンを変更し、工場に馴染む色合いでありながら、清潔感のある明るい…

続きを読む



企業ニュース

[ロボット事業インタビュー]三菱電機、オールFA機器メーカーの強み 人とロボットの共存が拓くスマートファクトリー

三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志 氏  スマートファクトリーは自動化によって工場が進化した理想の姿。それはロボットだけでは実現できず、さまざまな技術の組み合わせで初めて成立する。三菱電機は2003年から「e-F@ctory」を提唱し、FA機器とロボットの両方を手掛けてスマートファクトリー化を提案してきた。三菱電機 名古屋製作所 ロボット製造部 ロボットテクニカルセンター長 荒井 高志 氏に話を聞いた。 協働ロボットが引き金となった2つの新潮流 ーー最近のロボット市況について  市況は厳しい状態が続いているが、自動化ニーズ、人手不足対策としてのロボ…

続きを読む



業界動向

工場新設・増設情報 12月第1週 村田製作所、アイリスプロダクト、山洋電気、豊田合成

【国内】 ▶︎村田製作所 生産子会社の岡山村田製作所が2018年10月から建設を進めていた生産棟が完成し、11月19日に竣工式を行った。新生産棟の完成によって、電子機器の高機能化、自動車の電装化によるセラミック部品の中長期的な需要増加に対応できる体制を構築していく。 延床面積は2万5845平方メートル(地上5階、地下1階)、総投資額は100億円(建物、生産設備含む)。   ▶︎アイリスプロダクト 19年6月に発足した、アイリスグループ各社の復興に資する事業を集約した製造会社・アイリスプロダクトは、東日本大震災および原子力災害によって大きな被害を受けた福島県南相馬市の復興工業団地に、集…

続きを読む



特集

IPGフォトニクスジャパン 超短パルスファイバーレーザー「YLPP-100-1-100-R」

高出力で微細加工に最適 IPGフォトニクスジャパンは、産業用ファイバーレーザーの専門メーカーとして幅広い製品群を誇り、様々な産業分野で利用されている。また同社は、光学部品から加工ヘッド、電源、制御装置に至るすべてのキーコンポーネントを自社で開発設計している。 中でも超短パルスファイバーレーザー「YLPP-100-1-100-R」は、大幅な小型化と低価格化を図ることで付加価値を向上させた組み込み型タイプ。ピコ秒パルス採用のレーザーヘッドの重さは約2.5キロと、競合品比20分の1の小型・軽量になっており、価格も市場価格の約半分を実現している。 さらに、出力も50Wから100Wに倍増させたことで作業…

続きを読む