gii の検索結果

GII市場リポート 産業用ロボット減速機 2020~26年世界・中国市場、日本企業が世界を席巻

グローバルインフォメーションが取り扱うResearchInChinaの市場調査レポート「産業用ロボット減速機業界の世界市場・中国市場:2020年~2026年」によると、産業用ロボット向け減速機は、ナブテスコとハーモニック・ドライブシステムズ、住友重機械工業などが世界市場で大きなシェアを占めていることが分かった。   中国、大きく遅れ 産業用ロボットのコアコンポーネンツはコントローラ、サーボモータ、減速機であり、作業精度、負荷、耐用年数、安定性、信頼性などの産業用ロボットの特性を大きく左右する。これらは産業用ロボットのコストの約70%を占め、そのうち減速機が35%、サーボモーターが20…


GII市場リポート ロボット用エンドエフェクタ市場、年平均16%の高成長

協働ロボ普及進む グローバルインフォメーションが取り扱うIMARC Servicesの調査レポート「ロボット用エンドエフェクタ市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測2020-2025年」によると、世界におけるロボット用エンドエフェクタの市場規模は、2014年から19年の間に約16%の年平均成長率で成長。インダストリー4.0の登場により、ロボットは現在、クラウドコンピューティング、サイバーフィジカルシステム、ビッグデータ、IoTなどの高度な技術ソリューションと統合され、産業プロセスの全体的な効率を最適化している。 さらに、協働ロボットの普及も市場の成長を促進し、ロボット用エンド…


GII市場リポート ロボティクス・自律型マシン市場、26年 2860億ドル規模に

物流・スマート製造など成長見込む グローバルインフォメーションが取り扱うOmdia-Tracticaの市場レポート「ロボティクス・自律型マシンの世界市場-予測」によると、ロボット市場の成長は、2020年から2021年には減速すると予測されているにもかかわらず、ロボティクス産業、特に物流、スマート製造、AVなどの非産業用用途での大幅な成長が期待され、2019年に600億ドルから26年には2860億ドルまで、市場を押し上げると予想している。 ロボット市場は、産業用ロボット中心から非産業用ロボット中心にシフトしている。消費者向けロボット、商業用無人航空機(UAV)、自律走行車(AV)、および配送ロボ…


GII市場リポート クリーンルームロボット市場、25年 85億ドル規模に成長

電子・電気機器がけん引 グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの市場レポート「クリーンルームロボットの世界市場(〜2025年):関節型・スカラ型・協調型ロボット-COVID-19の影響」によると、世界のクリーンルームロボットの市場規模は予測期間中12.0%のCAGRで推移し、2020年の48億米ドルから2025年には85億米ドルの規模に成長すると予測されている。 電子・電気機器産業からの需要の拡大が同市場の主な推進因子となり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生による衛生基準の向上に伴い、クリーンルームロボットの需要が食品・飲料、医薬品などの産業…


GII市場リポート 無人搬送車市場、25年 36億ドルに成長

マテハンの自動化需要増など グローバルインフォメーション(GII)が取り扱うMarketsandMarketsの市場レポート「無人搬送車(AGV)の世界市場(〜2025年)-COVID-19の影響」によると、世界の無人搬送車(AGV)市場は、2020年の23億米ドルから2025年には36億米ドルに達し、2020年から2025年までのCAGRは9.3%で成長すると予測している。 AGV市場の成長は、産業全体でのマテハンの自動化需要の高まり、大量生産から大量カスタマイズへの需要のシフト、COVID-19による電子商取引の需要の高まり、職場での安全基準の改善などが原動力となっている。新興国の産業成長…


GII市場リポート 産業用ロボット市場、来年 強いV字回復へ

自動化計画など再始動見込む グローバルインフォメーションが取り扱うInteract Analysisの市場レポート「産業用ロボットの世界市場:2020年」によると、世界の産業用ロボット市場は、2018年半ばからマイナス成長が続き、2019年末に回復の兆しが現れたが、20年はコロナ禍で売上はマイナス3.6%、出荷台数は3.7%とともに減少となる見込み。しかし21年には遅れていた自動化計画やプロジェクトが進み、強いV字回復が予測される。 また協働ロボットは、2020年を通して売上高と出荷台数の両方で2桁の成長率を維持すると予測。非製造業環境(物流やサービス業など)での用途は、より大きな打撃を受ける…


GII市場リポート 金属付加製造市場、今後10年間で100億ドル超

収益の大部分、材料需要に グローバルインフォメーションが取り扱うIDTechEx Ltd.の市場レポート「金属付加製造(AM)の世界市場:2020-2030年」によると、世界の金属付加製造(AM)の市場は一時的には落ち込みを示すものの、今後10年間で100億米ドルを超える規模に成長すると予測されている。 90年代に初めて商業化された金属付加製造(金属の3Dプリント)は、13年から急激な収益の増加成長を遂げている。金属付加製造の利点は、設計の自由度、汎用性の高い製造、コスト削減など、数多くある。これを利用するために、多種多様な材料を使用したプリンタープロセスの企業が増え続けている。新規企業は一般…


GII市場リポート 3Dマシンビジョン市場、27年まで10%超の高成長

自動化、ロボットが牽引 グローバルインフォメーションが取り扱うBizwit Research&Consulting LLPの市場レポート「世界の3Dマシンビジョンの市場規模調査:提供別、製品別、用途別、地域別予測2020年〜2027年」によると、世界の3Dマシンビジョン市場は2019年に約15億米ドルとなり、20年〜27年の間で10%を超える成長率で成長すると予想している。 マシンビジョンは、ロボットガイダンス、プロセス制御、自動検査等で画像ベースの自動分析・検査に使われる。3Dマシンビジョンは多数のスキャナーからの複数の点群を統合し、システムは点群、3D三角測量、ステレオビジョンなどのさまざ…


GII市場リポート プロセス自動化・計測市場、25年 768億ドル規模に

生産効率向上、IIoT導入が後押し グローバルインフォメーションが取り扱う MarketsandMarketsの市場レポート「プロセス自動化・計測の世界市場(〜2025年):APC・DCS・HMI・MES・PLC・機能安全・SCADA」によると、世界のプロセス自動化・計測の市場は2・6%の年間平均成長率で推移し、2020年の674億ドルから、2025年には768億ドルの規模に成長すると予測されている。運用コスト削減と生産効率向上への重要性の拡大、IIoTなどのデジタル技術の導入、リソースの最適利用などの要因が同市場の成長を推進する。 ソリューション別では、分散型制御システム(DCS)がエネルギ…


GII市場リポート 世界の産業制御・FA市場、27年まで順調に成長

スマート工場への転換も追い風 グローバルインフォメーションが取り扱うBizwit Research&Consultingの市場レポート「世界の産業制御とファクトリオートメーション市場規模調査(COVID-19の影響とともに):コンポーネント別、ソリューション別、業界別、および地域別予測(2020年〜27年)」によると、世界のFA市場は2019年に約1398億米ドルと評価され、20〜27年には8.6%を超える健全な成長率で成長すると予想している。 産業制御とFAシステムは、製造の運用コストを削減し、製造プロセスを標準化して品質を向上させる。ロボットは非常に効果的でエラーが少なく、工場の労働力、品…