GII市場リポート モーションコントロール市場、2025年には165億ドルに

メンテナンスコストが課題

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「モーションコントロールの世界市場・COVID-19の影響 (~2025年):コンポーネント」 (MarketsandMarkets) によると、モーションコントロールの市場規模は、2020年の149億米ドルから2025年には165億米ドルに達し、CAGR2.5%で成長すると予測している。

COVID-19危機の影響で、従業員の健康と安全を確保するための製造施設の自動化、製造業における先進的な自動化プロセスの採用、政府が課す厳しい安全基準を満たした生産、製造プロセスにおける産業用ロボットの需要の増加、使いやすさと利便性を兼ねそろえたIIoTとモーションコントロールシステムの統合が、市場の成長を牽引する要因となっている。

工場におけるエネルギー効率の高いソリューションへの需要は、高精度の自動化プロセスの需要に拍車をかけている。自動化プロセスは、企業の生産性を向上させ、製品のライフサイクルコストを削減する。

モーションコントロールソリューションは多くの産業で採用され、電子・半導体、食品・飲料、自動車、化学産業などを中心に利用されている。高品質な製品の需要により、ファクトリーオートメーションは今後も拡大すると予想されている。

結果、エネルギー消費を最小限に抑え、生産を最大化するためのモーションコントロールソリューションの採用が増加すると予測される。

一方、機械の老朽化に伴うメンテナンスや修理にはコストがかかり、スペアパーツが入手できない場合には修理が不可能な場合もある。モーションコントロールシステムの設置には、多くの部品が必要となり、機械の交換やメンテナンスのコストに直接影響を与え、部品の種類が多ければ多いほど、スペアパーツの在庫は高価になり、高コストが課題となる。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る