【GIIレポート】SCADA世界市場、デジタル化進展で拡大

グローバルインフォメーションが取り扱う「SCADAの世界市場 (~2026年)」によると、 SCADAの市場規模は、2021年の92億ドルから年平均成長率7.6%で成長し、2026年には132億ドルに達すると予測されている。デジタル化やインダストリー4.0の進展、産業用モビリティソリューション需要、IoTや人工知能などのソフトウェアプラットフォームの使用が牽引している。

産業環境におけるプロセス分析や予知保全を行うためのリアルタイムデータの重要性や、産業用ロボットの需要が強く、スマートファクトリーや自動化需要は世界でも広がっている。SCADAやIoTなどの自動化インフラがそれを下支えし、オペレーターが遠隔で製造プロセスを実行することができ、リアルタイムの情報が収集され、最適なオペレーションが可能となる。

SCADAはリアルタイムでレポートを実行し、現在および過去のデータから、未来のイベントを予測することができ、オペレーターは機械のメンテナンスの必要性を予測し、それに応じて生産計画を立て、製造中の緊急事態や機械の故障を回避することができ、世界的な導入ニーズが強まっている。

https://www.gii.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る