GII市場リポート 制御弁市場、医療・製薬業界からの需要増、25年106億ドル規模に

2020年12月2日

グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの調査レポート「制御弁の世界市場・COVID-19の影響(〜2025年):材料・コンポーネント(アクチュエーター・バルブ本体)・サイズ・タイプ(回転式・リニア型)・産業(石油ガス・水&廃水処理・エネルギー&電力・化学薬品)・地域別)によると、世界の制御弁の市場規模は予測期間中14・2%のCAGRで推移し、2020年の55億米ドルから、2025年には106億米ドルの規模に成長すると予測されている。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行による医療・製薬業界からのバルブ需要の増加、アジア太平洋地域でのエネルギー需要の増加、産業機器の維持・監視のためのコネクテッドネットワークへのニーズの高まり、新たな原子力発電所の設立と既存の原子力発電所の拡大への注目の高まりなどの要因が同市場の成長を推進。一方で、認証の標準化と政府による政策の欠如が市場のさらなる成長の妨げとなっている。
 
産業別で見ると、中東諸国でのエネルギー需要の増加と掘削活動の増加により、2019年は石油・ガス産業が最大のシェアを占めました。しかし現在はCOVID-19による経済的危機に直面し、地域別でもアジア太平洋地域が最大のシェアを占める見通しだが、COVID-19による需要の減少により、2020年第1四半期には急激な落ち込みを示している。

主要企業は、ビュルケルト、エマソン、フローサーブ、IMI、カーチス・ライト、トリリウムフローテクノロジー、キャメロン(シュルンベルジェ)、スパイラックス・サーコ、クレーン、キッツなど。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/