NO IMAGE

【GIIレポート】AGV・AMRの市場規模、2026年までに140億米ドルに迫る勢い

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「AGV (無人搬送車)・AMR
(自律移動ロボット) 市場 – ロジスティクス、製造業、医療、消毒、小売業、セキュリティ、
農業、病院、屋内・屋外配送、清掃、遠隔操作向け:将来予測 (2026年まで)」 (LogisticsIQ)によると、AGV・AMR市場は2026年まで約35%のCAGRで成長し、132億米ドルに達すると予想。今後5年間で設置台数は、計150万台を超える見込みとしている。

製造・物流分野のトレンドとして、eコマースの成長は、倉庫自動化におけるAGV-AMRの需要な推進力となっている。世界のeコマース売上高は過去10年間にCAGR20%で成長し、2019年には3兆5000億米ドルに達し、2026年には7兆5000億米ドルに達すると予測されている。

先進国を中心に人件費や賃金率が高く、フォークリフトオペレーターの年間コストは5万米ドルになり、24時間稼働する場合、3・4人のドライバーとフォークリフト1台分で年間コストは20万米ドル以上になるため、自動化ニーズを後押ししている。

また、機械学習と人工知能は、幅広い自動化システムの柔軟性と使いやすさを大幅に向上させることで、ピッキング技術に対するマシンビジョンのメリットをはるかに超えて、物流自動化に影響を与えることになると予測されます。

QRコードに続いて、LiDAR、ビジョンカメラ、センサーフュージョンは、柔軟性、安全性、精度の高さから見ても、この分野で商業化される主要なナビゲーション技術になり、センサーフュージョンAMRは、70%の成長率で成長すると予想されている。ナビゲーション技術とソフトウェアの専門企業(オートノミーサービスプロバイダ)が、AIとマシンビジョンの助けを借りて、モバイルロボットメーカーをサポートしている。

https://www.gii.co.jp/report/logi981880-agv-automated-guided-vehicles-amr-autonomous.html?utm_source=email&utm_medium=email&utm_campaign=email

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG