GII市場リポート ロボティクス・自律型マシン市場、26年 2860億ドル規模に

2020年10月28日

物流・スマート製造など成長見込む

グローバルインフォメーションが取り扱うOmdia-Tracticaの市場レポート「ロボティクス・自律型マシンの世界市場-予測」によると、ロボット市場の成長は、2020年から2021年には減速すると予測されているにもかかわらず、ロボティクス産業、特に物流、スマート製造、AVなどの非産業用用途での大幅な成長が期待され、2019年に600億ドルから26年には2860億ドルまで、市場を押し上げると予想している。

ロボット市場は、産業用ロボット中心から非産業用ロボット中心にシフトしている。消費者向けロボット、商業用無人航空機(UAV)、自律走行車(AV)、および配送ロボットが含まれる。

20年は、世界的なCOVID-19パンデミックにより、部品の調達、工場での生産、困窮しているエンドユーザーからの需要に混乱が生じ、2020年は業界全体が縮小し、少なくとも2021年まで影響が及ぶ可能性がある。

一方で、将来的な生産や物流に関連するビジネスの必要性は、世界経済の回復とともに、ロボットソリューションの需要を刺激する可能性がある。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/