GIIレポート 産業用サイバーセキュリティの市場規模 直近はアプリケーションセキュリティが発展見通し

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「世界の産業用サイバーセキュリティ市場:提供タイプ、セキュリティタイプ、エンドユーザー、地域別 – 業界分析および予測(2020年~2026年)」(KBV Research)によると、産業用サイバーセキュリティの市場規模は2026年には228億ドルに達すると予測している。

セキュリティタイプ別に、ネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、クラウドセキュリティ、ワイヤレスセキュリティ、その他に分類され、20年はアプリケーションセキュリティが最速で発展すると予測。

アプリケーションセキュリティは、ウェブ攻撃、DDoS攻撃、サイトスクレイピング、詐欺など、外部および内部の脅威からソフトウェアやコードを保護するもので、産業用アプリケーションや機密データを、ランダムな攻撃や標的型のアプリケーションセキュリティ攻撃から保護するためのセキュリティポリシーもこれに含んでいる。

https://www.gii.co.jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る