GIIレポート 環境用LiDARセンサーの市場規模 都市や環境モニタリング用途で拡大

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「環境向けLiDARセンサー市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):技術・設置・サービス・用途・地域別」(Allied Market Research)によると、環境用LiDARセンサーの市場規模は、2019年には2億4930万ドルとなり、2020年から2027年にかけて15.1%の成長率で拡大し、27年には6億5380万ドルに達すると予測している。

19年は2D LiDARセグメントが最も多く、20年から2027年にかけても14.8%の成長率で伸びる予想。フィールドモニタリングアプリケーションの需要が増加していることが背景にあり、環境の質に関する情報を生成し、環境が悪化しているのか、改善しているのか、あるいは変化していないのかを分析するために重要な要素となっている。
設置タイプ別では、2019年には地上型LiDARが最も多く、高解像度のデータを取得する必要性の高まりと、プラットフ ォームの安定性と金銭的投資の少なさが後押ししている。また、都市人口の増加やスマートシティの出現など都市計画の改善も市場を押し上げている。

特に北米では世界市場のなかでも活発な地域で、環境保護庁(EPA)、自然保護団体、米国研究評議会などの組織の支援を受けて、環境保護に関する意識が比較的高まっていることに起因するとしている。

https://www.gii.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る