GIIレポート 環境用LiDARセンサーの市場規模 都市や環境モニタリング用途で拡大

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「環境向けLiDARセンサー市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):技術・設置・サービス・用途・地域別」(Allied Market Research)によると、環境用LiDARセンサーの市場規模は、2019年には2億4930万ドルとなり、2020年から2027年にかけて15.1%の成長率で拡大し、27年には6億5380万ドルに達すると予測している。

19年は2D LiDARセグメントが最も多く、20年から2027年にかけても14.8%の成長率で伸びる予想。フィールドモニタリングアプリケーションの需要が増加していることが背景にあり、環境の質に関する情報を生成し、環境が悪化しているのか、改善しているのか、あるいは変化していないのかを分析するために重要な要素となっている。
設置タイプ別では、2019年には地上型LiDARが最も多く、高解像度のデータを取得する必要性の高まりと、プラットフ ォームの安定性と金銭的投資の少なさが後押ししている。また、都市人口の増加やスマートシティの出現など都市計画の改善も市場を押し上げている。

特に北米では世界市場のなかでも活発な地域で、環境保護庁(EPA)、自然保護団体、米国研究評議会などの組織の支援を受けて、環境保護に関する意識が比較的高まっていることに起因するとしている。

https://www.gii.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG