GIIレポート 中国の産業用レーザー、中長期的にも成長へ

グローバルインフォメーションが取り扱うレポート「世界および中国の産業用レーザー業界(2020年~2026年)」 (ResearchInChina) によると、中国のレーザー産業は活況で、中長期的にも成長トレンドになると予測している。

中国は国としてレーザー産業の発展を強化しており、政府の指導の下で各地域でレーザー工業団地が進んでいる。2019年、中国のレーザー加工機の市場規模は658億元となり、2012年~2019年の年平均成長率は21.4%となった。中長期的には、レーザー切断や溶接はレーザー加工は、多くのアプリケーションで広がり、高い成長率を維持していく。

中国におけるレーザー切断機(光ファイバ+CO2)の販売台数は、2013年の2700台から2019年には4万1000台に急増。市場規模を見ると、市場規模は2019年に258億元となり、中国のレーザー機器市場の39%を占めている。レーザーマーキングは19%、レーザー溶接はわずか12%となっている。

レーザー加工機メーカーは多くのメーカーがひしめきあっている状態で、2019年は年間売上高が2000万元以上の国内レーザー企業は150社以上あった。このうちHan’s Laserはレーザー加工機器で76億4000万元、市場シェアは12.6%を占めた。

https://www.gii.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る