GIIレポート トルクセンサー市場、2026年に90億米ドルへ 内燃機関やモータ性能向上に向けて拡大

グローバルインフォメーションが扱う市場調査レポート「トルクセンサーの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):タイプ (回転型・反応型)・用途 (自動車・検査&測定・工業・航空宇宙&防衛)・技術・地域別」 (MarketsandMarkets) によると、トルクセンサーの市場規模は、2021年の68億米ドルから年平均成長率5.7%で成長し、26年には90億米ドルに達すると予測している。

磁気弾性体から表面弾性波(SAW)までさまざまなタイプのトルクセンサーが世界中で導入され、ニッチアプリケーションで伸ばしている。

トルク計測は、エンジンやトランスミッションのテスト、タービンテスト、ポンプテスト、推進システム内のパワー計測などの技術的なアプリケーションにおいて重要とされ、内燃機関や産業用モーターの開発で重要視されるパラメータとなっている。スクリューキャップやエンジンなど、角運動量を得るほとんどの機械では、機械性能を向上させるためにトルク計測が必要とされている。またトルクセンサーは、モーター、電動工具、タービン、発電機などの監査ツールとしても使われ、さらに機械やエンジン、組み込みシステムの効率を上げるための手法の一つとしても使われるため、トルクセンサーの需要はグローバルで増加傾向にあり、当分は続くと見られている。

航空宇宙、船舶、レースなどの最も要求の厳しいアプリケーションでは、スムーズで信頼性の高い計測のために、最高の精度と信頼性を備えたトルクセンサーが必要とされるが、抵抗膜方式やピエゾ抵抗膜方式のストレインゲージでは、シャフトの回転に伴う温度変動による誤差が発生し、これが問題となっている。これらの分野で採用されるセンサーには高温耐久性が求められ、最近は既存のトルク計測技術を改良して精度を向上させる試みが成功している。

https://www.gii.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る