GIIレポート ロボットエンドエフェクター市場 2028年まで二桁成長

グローバルインフォメーションが取り扱う調査レポート「世界のロボットエンドエフェクター市場の予測(2021年~2028年)」(Inkwood Research)によると、世界のロボットエンドエフェクターの市場規模は、2021年から2028年にかけて10.97%の成長率で拡大すると予想している。

ロボットエンドエフェクターとは、ロボットの手首の先に取り付けられる周辺機器のことで、加工ツール、グリッパー、カスタムエンドエフェクター、吸盤などがあり、各業界で採用されている。効率的な組み立て、在庫管理、倉庫管理の必要性の増加が市場の拡大を後押ししている。

主要プレイヤーとして、ABB、KUKAロボティクス、BASTIAN SOLUTIONS、DESTACO、シュマルツ、ピアブ、ROBOTIQ、SCHUNK、WEISS ROBOTICS、ZIMMERなどを挙げている。

https://www.gii.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る