GII市場リポート ロボット用エンドエフェクタ市場、年平均16%の高成長

2020年11月11日

協働ロボ普及進む

グローバルインフォメーションが取り扱うIMARC Servicesの調査レポート「ロボット用エンドエフェクタ市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測2020-2025年」によると、世界におけるロボット用エンドエフェクタの市場規模は、2014年から19年の間に約16%の年平均成長率で成長。インダストリー4.0の登場により、ロボットは現在、クラウドコンピューティング、サイバーフィジカルシステム、ビッグデータ、IoTなどの高度な技術ソリューションと統合され、産業プロセスの全体的な効率を最適化している。

さらに、協働ロボットの普及も市場の成長を促進し、ロボット用エンドエフェクタは、人間とロボットの作業環境を最適化し、生産性を高め、敏感な製品や壊れやすい製品の安全な移動を保証している。
 
センサー技術の改善や高力アプリケーション向けの空気圧グリップソリューションの開発など、さまざまな技術の進歩も市場の成長にプラス要因となっている。モジュラーや電動グリッパーの需要の高まり、業界全体での再生ロボットの展開の増加なども相まって市場をさらに牽引すると予想される。

レポートではエンドエフェクタ市場の主要プレイヤーとして、ABB、Applied Robotics、ATI Industrial Automation、Bastian Solutions、Festo、FIPA、KUKA、Schmalz、SMC、Soft Robotics、Weiss Robotics、Zimmer Groupを挙げている。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/