【GII調査リポート】自動倉庫の需要が拡大 自動マテハン機器世界市場 2026年 768億ドル規模へ

 グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの調査レポート「自動マテリアルハンドリング(AMH)機器の世界市場(〜2026年)」によると、自動マテリアルハンドリング機器の市場は予測期間中12.0%のCAGRで推移し、2021年の436億米ドルから、2026年には768億米ドルの規模に成長すると予測している。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による自動倉庫の需要の拡大、倉庫自動化のためのロボットソリューションを提供するスタートアップ企業の台頭、主要産業におけるAMH機器の人気の高まり、人件費および安全性への関心の高まりなどが要因。

 製品別では効率と生産性の向上、人件費の削減、従業員の怪我からの保護、高い投資収益率の実現などの利点がロボット需要を刺激している。

 また、システムタイプ別では、ユニットロードマテリアルハンドリングシステムの部門が期間中最大のシェアを維持する見通し。費用対効果が高く、複数のアイテムを同時に処理できるため、さまざまな産業で広く使用されている。

■株式会社グローバルインフォメーション
 グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
https://www.gii.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る