GII市場リポート プロセス自動化・計測市場、25年 768億ドル規模に

2020年8月26日

生産効率向上、IIoT導入が後押し

グローバルインフォメーションが取り扱う MarketsandMarketsの市場レポート「プロセス自動化・計測の世界市場(〜2025年):APC・DCS・HMI・MES・PLC・機能安全・SCADA」によると、世界のプロセス自動化・計測の市場は2・6%の年間平均成長率で推移し、2020年の674億ドルから、2025年には768億ドルの規模に成長すると予測されている。運用コスト削減と生産効率向上への重要性の拡大、IIoTなどのデジタル技術の導入、リソースの最適利用などの要因が同市場の成長を推進する。

ソリューション別では、分散型制御システム(DCS)がエネルギー・電力部門からの需要の高まり、オープンソースDCSソリューションの台頭、コスト・時間効率の高さなどの要因から成長を牽引。また、相互運用可能なオープンシステムの投入、IoTとITおよび運用技術(OT)の統合などの要因も将来の市場成長を後押しする。

レポートでは、機器としては圧力計、温度計、レベル計、振動レベルスイッチ、制御弁、バルブ本体などフィールド機器と、振動密度計、核密度メーター、超音波密度メーター、マイクロ波密度計、光学密度メーターなど分析機器の市場予測と、ソリューション別としてPLC、DCS(分散制御システム)、SCADA、HMI、機能安全、先進プロセス制御、製造実行システムなどをまとめている。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/