NTTデータGSL

GIIレポート 制御・FA世界市場は2028年まで8%成長率で拡大 2028年位は2889億ドル規模へ

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポート「産業用制御およびファクトリーオートメーションの世界市場 (~2026年)」(MarketsandMarkets)によると、産業用制御およびファクトリーオートメーションの市場規模は予測期間中8.2%のCAGRで推移し、2021年の1331億ドルから、2026年には1978億ドルの規模に成長すると予測している。

成長要因は、産業環境におけるIoTやAIなどの新興技術の採用、コネクテッドエンタープライズの台頭と製品の大量生産へのニーズ、産業オートメーション促進に向けた政府の取り組み、産業オートメーションと資源の最適利用への焦点の拡大、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) による危機的状における金融機関による救済措置などが市場拡大を推進。

コンポーネント別では、産業用センサーが大きな伸びを示し、これから数年は予知保全向けで成長すると予測している。

また、同様に市場レポート「産業用オートメーションおよび制御システムの市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2021-2028年)」(Grand View Research,)では、2021年から28年にかけて8.9%のCAGRで推移し、2028年には2889億3000万ドル規模に成長すると予測。

製造業や医療機関で業務効率化・簡略化のための自動化が進んでいるほか、石油精製所のセキュリティや安全基準の強化にともなう石油・ガス産業におけるDCS需要の拡大、製造業や上下水道管理のためのSCADAシステムの導入が進んでいる。

https://www.gii.co.jp/

関連記事

CALEXテクノロジー放射温度計

ページ上部へ戻る