液晶 の検索結果

照光式スイッチ 各社の主力製品 液晶表示多機能押しボタンスイッチISシリーズ表示面を最大156%拡大日本開閉器工業

日本開閉器工業は、操作用スイッチの総合メーカーとして、常に独創的な製品をリリース。照光式スイッチでも、2色発光やELディスプレイカラーISなどユニークなシリーズを展開。 また、新製品として「液晶表示多機能押しボタンスイッチISシリーズ」の表示エリアを拡大したワイドビュータイプを発売した。表示面積が129%から最大で156%拡大して大幅に見やすくした。バックライトは36×24〓で、今回新たにこれまでの2色タイプに加え、超高輝度RGBの64色LEDにも対応した。ディスプレイ表示部も64×32〓と36×24〓の高解像度に加え、広視野角・高コントラストのFSTN液晶(白黒モード)を採用している。 一方…


表示エリア大幅拡大液晶表示多機能押しボタンスイッチ日本開閉器工業が6タイプ追加

日本開閉器工業(大橋智成社長)は、「液晶表示多機能押しボタンスイッチISシリーズ」=写真=に、表示エリアを拡大した機種6タイプを14日から販売開始した。 新製品はキートップに液晶表示(LCD)を搭載したスイッチと表示モジュールで、129%から最大で156%の表示エリアの拡大を実現して、大幅に見やすくした。バックライトは36×24ドットで、今回新たにこれまでの2色タイプに加え、超高輝度RGBの64色LEDにも対応した。 また、ディスプレイ表示部も64×32ドットと36×24ドットの高解像度に加え、広視野角・高コントラストのFSTN液晶(白黒モード)を採用している。 今回機種を拡大した製品は、64…


表示機各社の主力製品 液晶表示多機能押しボタンスイッチーSシリーズ表示エリアを大幅に拡大日本開閉器工業

日本開閉器工業は、照光式押しボタンスイッチ・表示灯や多機能押しボタンスイッチをはじめ、照光タイプのスイッチも各種そろえている。 このうち「液晶表示多機能押しボタンスイッチISシリーズ」に、表示エリアを拡大した機種6タイプを14日から追加し、販売を開始してい る。 新製品はキートップに液晶表示(LCD)を搭載したスイッチと表示モジュールで、従来品に比べ129%から最大で156%の表示エリアの拡大を図った。バックライトは36×24ドットで、今回新たにこれまでの2色タイプに加え、超高輝度RGBの64色LEDにも対応した。 また、ディスプレイ表示部も64×32ドットと36×24ドットの高解像度に加え、…


半導体・液晶製造装置向け再拡大食品、包装関連の堅調維持

温度調節器(計)市場は中国を中心とした外需が牽引しながら上昇基調を強めている。大きな用途のひとつである半導体・液晶製造装置向けの需要も再び拡大が見込まれており、堅調さを維持している食品や包装関連と合わせて先行きへの期待感が高まっている。一方で海外メーカー、特に中国や韓国メーカーも技術レベルを上げてきており、高いコスト競争力で日本メーカーとの激しい戦いとなりつつある。製品傾向は小型・短胴化と表示の見やすさ、高速処理やネットワーク対応などを重点にした開発が取り組まれている。カスタム化などで、価格競争を避ける動きも見られ、標準品との棲み分けが進みそうだ。


インテリジェントCUI搭載産業用TFT液晶モジュール三菱7月からサンプル提供

三菱電機は、産業用TFT液晶モジュール「DIAFINE(ダイアファイン)」に、タッチパネルと高品位グラフィックスの表示を簡単に実現するグラフィックスボードをセットにした「インテリジェントGUI搭載TFT液晶モジュール」のサンプル提供を7月1日から開始する。まず7インチサイズの「AM070M01」をサンプル価格12万円で開始し、14年第1四半期に量産化するとともに、14年第2四半期には10・6型ワイドや12・1型のサンプル出荷も始める。これらの製品投入などにより、同社の液晶モジュールの売り上げを2012年度の330億円から、13年度には約21%増の400億円を目指す。 サンプル販売を始めるのは、…


産業分野中心に幅広い市場形成 各社、海外販売戦略を強化 小型・薄型化に加え国際安全規格への対応も進む 社会インフラ関連、民生分野にも需要拡大 光電・近接センサ 半導体・液晶製造装置関連 回復感強まる

光電・近接センサは、産業分野を中心に、社会インフラ関連、民生分野まで幅広い市場を形成している。日本電気制御機器工業会(NECA)による検出用スイッチの2012年度(12年4月~13年3月)の出荷額は1008億円となっている。光電・近接センサが最も多く使用されているのは半導体・液晶製造装置関連であるが、低迷していた市場もようやく動き始める気配を見せている。また、安全・防護の観点から、駅のホームや道路、駐車場など、工場の外でのアプリケーションも拡大している。製品は小型・薄型化に加え、微小ワークや高速移動ワークの安定検出、信頼性の向上、国際安全規格への対応などが進んでいる。光電・近接センサ市場は、半…


各社のFA関連製品 アルゴシステム産業用PC「APワイド液晶シリーズ」 1台のPCで操作・画像処理

産業用コンピュータによる制御のトータルソリューションを展開しているアルゴシステムは、超薄型産業用パネルPC「AP/APWシリーズ」、拡張付き産業用パネルPC「FPシリーズ」、ボックス型産業用PC「FCシリーズ」をラインアップ。これらの産業用PCに、オールインワンソフトウェアパッケージをバンドルすることで、1台のPCで操作から制御、画像処理まで可能である。 AP/APWシリーズは、11インチ/15インチのワイド液晶画面を搭載。屋外でも使用可能な1500cd/平方ミリの高輝度タイプを新発売した。標準タイプの本体厚さは、45ミリ/55ミリという薄型化を実現。CPUにCeleron1・1GHz/Cor…


照光式スイッチ堅調な動き 自動車、エネルギー関連やアミューズメント向けが好調 LED化で視認性が向上小型・薄型化さらに進展 有機ELや液晶新光源の採用も浸透

照光式スイッチ市場が堅調な動きで推移している。自動車、エネルギー関連向けや、アミューズメント関連を中心に需要が拡大している。照光式スイッチのポイントとも言える光源部分は、LED化と高輝度化によって年々視認性が向上しており、加えて小型・薄型化も進んでいる。有機ELや液晶などの新しい光源の採用も浸透しつつあり、新たなアプリケーションの開拓につながっている。 操作と表示機能を一体化した照光式スイッチは、スペースの有効活用と視認性のしやすさを大きなメリットに、操作用スイッチで大きな役割を果たしている。 日本電気制御機器工業会(NECA)の出荷統計によると、2011年度の照光式を含む操作用スイッチの出荷…


液晶ディスプレイを内蔵 三菱が計測ユニット発売 設備ごとのエネルギー使用量収集

三菱電機は、ビルや工場の設備ごとのエネルギー使用量を収集する計測ユニットの新製品として、液晶ディスプレイを内蔵した「EMU4シリーズEcoMonitorLight(エコモニターライト)」を3月1日から発売する。標準価格は2万2000円(経済品)と3万5000円(高機能品)。2013年度6500台の販売を予定。 新製品は、エネルギー計測ユニット1台で、設備ごとの電力量、電流、電圧、力率、無効電力量などのエネルギー使用量の計測と計測値を内蔵の液晶ディスプレイに表示できる。 また、パソコンと接続することで、最大31台の計測データの収集・現在値表示・帳票出力や、計測端末の設定などのネットワーク化にも対…


投影型静電容量方式の液晶タッチパネル表示器 簡単にジェスチャー操作ジーズウェアが販売開始

タッチパネル表示器メーカーのシーズウェア(大阪府和泉市テクノステージ3―7―16、TEL0725―51―1110、和田進社長)は、業界初のマルチタッチジェスチャー操作を簡単に作ることができる投影型静電容量を採用した「タッチパネル表示器ISG」の販売を開始した。標準価格は、7インチワイドTFT液晶で16万4800円。 新製品は世界初の専用ソフトで誰でも簡単にジェスチャー操作を作ることができるマイコン用液晶タッチパネル表示器。 投影型静電容量方式のタッチパネルは、2本の指での拡大・縮小や画面をなぞることでスクロールなど、直感的に操作を行う「マルチタッチジェスチャー操作」が可能。タップ、フリップ、パ…