堅調な動き見せる産業用トランス市場 半導体・液晶製造装置関連向け需要が急速に回復 大型トランスと特注品比率高まる コスト低減策を徹底推進へ製品価格の値上げも検討

2010年5月12日

トランスは、電源電圧を安定させたり変圧させたりする役割を持っており、機器を陰から支える重要な部品として、あらゆる産業機器に内蔵され使用されている。電力系統に使用される大型タイプから、電気設備、電子機器・装置に組み込まれる小型タイプまで、多種多様な製品がそろっており、安定した市場を形成している。 経済産業省の機械統計によるトランスの生産額は、2007年(1~12月)が590億円、08年は前年比12%減の519億円、09年は設備投資の大幅抑制の影響で同21・6%減の404億円と減少したが、市場は昨年後半から急速に回復しており、今年は大幅に伸長する見込みである。 産業用トランスの市場環境は、半導体・…