温度調節器(計) の検索結果

温度調節器(計)市場 拡大基調を継続、制御機能の多様化進む

温度調節器(計)市場は、半導体やFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置、成型機市場、食品市場などの伸長に支えられ、堅調な拡大を続けている。 温度管理の効率的な管理で生産性と品質の向上を図る取り組みは強まっており、温度調節器(計)の果たす役割も高まっている。最近は、AI(人工知能)の搭載や、通信機能の充実といったIoTへの対応も進んでいる。 今後はEV(電気自動車)などに対応して2次電池関連も新たな市場として期待されており、安定した状況が継続しそうだ。   市場 電池関連の動向に注目 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムし…


【特集】堅調拡大続く温度調節器(計)半導体製造、成型機、食品機械けん引

温度調節器(計)市場の伸長が止まらない。半導体やFPD(フラットパネルディスプレー)製造装置の生産が急増していることに加え、成型機市場、食品市場も堅調を維持している。一部のメーカーでは部品の調達に苦慮しているところもでている。各方面でIoTへの対応が強まるなかで、温度調節器(計)にもAI(人工知能)の搭載や、通信機能の充実といったIoTへの対応も進んでいる。市場は半導体に加え、今後はEV(電気自動車)などに対応して2次電池関連の市場も期待されており、好調な状況がしばらく続きそうだ。   温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした…


【温度調節器(計)特集】半導体・FPDがけん引 食品、成型市場も堅調

温度調節器(計)市場の伸長が続いている。半導体やFPD(フラットパネルディスプレー)製造装置の生産が急増していることに加え、成型市場、食品市場も堅調を維持している。製品の機能では、AI(人工知能)の搭載や、通信機能の充実といったIoTへの対応も進んでいる。半導体に加え、今後はEV(電気自動車)などに対応して2次電池関連の市場も期待されており、半導体市場の好調と合わせてさらに拡大基調が続きそうだ。 2次電池の動向に注目 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修正する信号をリレーやアクチュエータなどへ出力することで…


【特集】温度調節器(計)

半導体・FPD 製造装置需要が追い風 化粧品・薬品・食品 3品市場も安定 温度調節器(計)市場が活況を呈している。半導体や有機ELなどの需要増を背景に半導体・FPD(フラットパネルディスプレー)製造装置の生産が急増していることに加え、食品・薬品・化粧品の3品市場、プラスチック関連市場なども堅調な拡大を見せている。IoTに対応した取り組みが各方面で進む中で、温度調節器(計)にも同様の機能を搭載した動きが目立つ。また、AI(人工知能)を採用したり、使用分野を専用化する動きも出てきており、今後の動向が注目されている。グローバル市場では日本メーカーが高い競争力を発揮する中で、新機能の搭載でさらに優位な…


温度調節器(計)特集〜半導体製造装置 好調を反映、増加基調で推移〜

温度調節器(計)市場は、半導体製造装置の好調を反映し、増加基調で推移している。食品・薬品・化粧品の3品市場も堅調に推移するなど総じて明るい状況が継続している。海外でもアジア市場を中心に日本メーカーの競争力の強さが目立ち、依然高いシェアを確保している。技術的には、見やすさに配慮した表示素子の改良と文字サイズの拡大、測定データの活用を考慮した通信ネットワークやパソコンとの親和性、さらには、省スペース性、環境特性などを中心に改良が加えられている。 電子式が主流 温度精度が向上 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修…


温度調節器(計)の製品動向 表示素子高輝度化など進展

ネットワークへの対応強化 温度調節器(計)の製品動向としては、小型軽量化、視認性や操作性の向上、ネットワーク化対応などがポイントになっている。 外形寸法は、DINサイズの96ミリ角から、48×24ミリまで各種あるが、搭載機器・装置の小型化傾向に合わせて、さらなる小型・薄型化傾向が強まっている。特に薄型化については、最近は60ミリ前後の製品も増えており、機器の省スペース化につながっている。 視認性では、文字が遠くからでもハッキリ確認できるように10ミリ前後の大型化傾向が目立つ。文字色も赤、緑、白など各社が独自の特色を打ち出している。 表示素子はLED表示が多く、高輝度LEDバックライトによる鮮明…


堅調拡大続く温度調節器(計) 半導体・食品分野で伸長 円安の波に乗り競争力発揮

温度調節器(計)市場の堅調な拡大が続いている。半導体、食品の二つの大きな分野の需要が伸長していることが大きい。中国をはじめとした輸出も、為替の円安基調で競争力と利益確保の両面で追い風になっている。製品の小型・短胴化、取り付けの工夫、視認性の向上などの基調は大きく変化していないが、新たな用途の開拓に向けて、規格の取得や無線技術の応用などに取り組んでいる。 ■海外市場の伸びに期待 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修正する信号をリレーやアクチュエータなどへ出力することで、対象物の温度や湿度を調節する制御機器・シ…


安定した需要の温度調節器(計) 主力市場の設備投資増を反映 高い日本メーカーのグローバルシェアも

温度調節器(計)市場は、需要先分野の動向に左右されながらも、おおむね安定した動きで推移している。半導体・液晶製造装置やソーラーパネル関連、食品や包装関連、さらには自動車やスマートフォンなどの生産拡大で成型機など、温度調節器(計)の主力市場の設備投資増が継続していることが大きい。為替も、海外メーカーとの販売競争を優位に進められる水準であることも温度調節器(計)市場に活気を与えている。製品は小型・短胴化傾向が依然継続し、表示の見やすさ、高速処理、ネットワーク化対応など、使いやすさの向上を目指した取り組みが行われている。 温度調節器(計)は、製品品質を確保する上でも大きな役割を果たしている。微妙な温…


温度調節器(計)各社の主力製品 理化工業「PF900シリ-ズ」

理化工業は、温度制御をはじめとした工業用制御機器の総合メ-カ-として幅広いラインアップを誇る。 中でもプログラム調節計「PF900」は、DINサイズ96ミリ角で、99パタ-ン×10セグメント~10パタ-ン×99セグメントの幅広い範囲で柔軟なプログラム設定ができ、32パタ-ン×32セグメント設定で全パタ-ンリンク時、最大1024セグメントプログラムを実現可能。 また、プログラム調節計専用の新型制御アルゴリズム「RSS(ランプ・ソ-ク・スタビライザ-)」(特許出願中)の開発で、ランプ制御(傾斜制御)開始時の追従性向上と、ソ-ク制御(定値制御)移行時のオ-バ-シュ-ト抑制を同時に行い、プログラム制御…


温度調節器(計)各社の主力製品 東邦電子「ニュ-TTM-200シリ-ズ」

東邦電子は、「センサからシステムまでを創造する」をコンセプトに、各種デジタルコントロ-ラを中心に、レコ-ダ、各種温度センサ、SSR、サイリスタ、プロ-ブカ-ドなどで実績がある。 デジタルコントロ-ラとして、TTM―200、TTM―000各シリ-ズのほか、プログラムコントロ-ラTTM―339、過昇防止器として最適なデジタル指示計TTA―002、TTM―000シリ-ズをベ-スとした基板型コントロ-ラなどがある。 TTM―200シリ-ズは、新PIDアルゴリズムを採用して制御性を向上させるとともに、簡易プロコン機能も搭載している。同シリ-ズの48ミリ角には、表示分解能が1/100℃の製品に加え、サンプ…