【温度調節器(計)特集】半導体・FPDがけん引 食品、成型市場も堅調

2017年10月18日

温度調節器(計)市場の伸長が続いている。半導体やFPD(フラットパネルディスプレー)製造装置の生産が急増していることに加え、成型市場、食品市場も堅調を維持している。製品の機能では、AI(人工知能)の搭載や、通信機能の充実といったIoTへの対応も進んでいる。半導体に加え、今後はEV(電気自動車)などに対応して2次電池関連の市場も期待されており、半導体市場の好調と合わせてさらに拡大基調が続きそうだ。 2次電池の動向に注目 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修正する信号をリレーやアクチュエータなどへ出力することで…