安定した需要の温度調節器(計) 主力市場の設備投資増を反映 高い日本メーカーのグローバルシェアも

2014年10月29日

温度調節器(計)市場は、需要先分野の動向に左右されながらも、おおむね安定した動きで推移している。半導体・液晶製造装置やソーラーパネル関連、食品や包装関連、さらには自動車やスマートフォンなどの生産拡大で成型機など、温度調節器(計)の主力市場の設備投資増が継続していることが大きい。為替も、海外メーカーとの販売競争を優位に進められる水準であることも温度調節器(計)市場に活気を与えている。製品は小型・短胴化傾向が依然継続し、表示の見やすさ、高速処理、ネットワーク化対応など、使いやすさの向上を目指した取り組みが行われている。 温度調節器(計)は、製品品質を確保する上でも大きな役割を果たしている。微妙な温…