温度調節器(計)市場 拡大基調を継続、制御機能の多様化進む

2018年11月28日

温度調節器(計)市場は、半導体やFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置、成型機市場、食品市場などの伸長に支えられ、堅調な拡大を続けている。 温度管理の効率的な管理で生産性と品質の向上を図る取り組みは強まっており、温度調節器(計)の果たす役割も高まっている。最近は、AI(人工知能)の搭載や、通信機能の充実といったIoTへの対応も進んでいる。 今後はEV(電気自動車)などに対応して2次電池関連も新たな市場として期待されており、安定した状況が継続しそうだ。   市場 電池関連の動向に注目 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムし…