温度調節器(計)主要各社の重点製品 富士電機汎用温度調節計「PXRシリーズ」大型表示で優れた視認性と操作性

富士電機は、「エネルギー・環境」分野に注力しており、事業の一つとして、温度調節計や計測機器など省エネを支えるコンポーネントの開発を行っている。

温度調節計のラインアップは、食品・包装機械やプラスチック成形機などで多く使用されている汎用温度調節計「PXR」、簡単な温度制御から加熱/冷却制御、工業炉の燃焼バルブ制御まで温度制御全般に適用可能な「PXG」、高速・高精度な制御が可能な高性能調節計「PXH」、多ループ温度制御を必要とする半導体・液晶パネル製造装置やプラスチック製造機械などに最適なマルチループ・モジュール型調節計「PUM」があり、幅広い用途に対応。

特にPXR(正面寸法24ミリ×48ミリ)は、大型LED表示による優れた視認性と操作性、自由度の高いオプション機能の組み合わせなどで好評を得ており、国内外で高いシェアを誇る。

また、短納期要求が多い品目については、在庫販売して納期面でも顧客の要望に応えており、品質面においても顧客満足を高めている。

更に、高い制御性を実現するためのツールとして、PID調整ソフトも用意し、希望する制御性を設定すれば、最適なPID値が自動的に得られるだけでなく、パソコン上でシミュレーションも可能である。

制御性改善による品質向上や省エネ効果に加え、PID調整作業が効率化されることで、調整時の設備運転時間が短縮できるので更なる省エネに貢献する。
(http://www.fujielectric.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG