日本モレックス の検索結果

日本モレックス 高速ケーブルアセンブリ、高密度相互接続OK

日本モレックス(神奈川県大和市)は、通信やデータセンターなどの用途に向けた「NearStack高速ケーブルアセンブリ」を発表した。 近年、通信やデータセンターでは、より高速で高密度な相互接続が必要とされており、また、システム要件や物理的サイズの拡大により、信号チャネル(伝達経路)が長くなり、クリアな信号転送に課題が発生する場合がある。 新製品は、コネクターとPCBの直接接続、PCB配線のバイパス、低損失材料の採用などによって、コストの削減や挿入損失の低減、信号整合性の向上に貢献する高速ケーブルアセンブリ。ワイヤーを信号接点に直接溶接するダイレクトツーコンタクト溶接ターミナルによって、信号整合性…


日本モレックス 新ケーブルアセンブリ、IP67規格に対応

日本モレックス(神奈川県大和市)は、防水・防塵性能IP67規格に対応する2.50mピッチの小型「オフ・ザ・シェルフ(OTS)Mizu-P25ミニタイプケーブルアセンブリ」を発表した。 新製品は、高い防水・防塵性で、最大4.0Aの電流に対応するケーブルアセンブリ。標準品として、片側・両側ハーネス処理、数種類のケーブル長をそろえているため、開発プログラムと製造プログラムの両方で利用が可能。 一般的な防水コネクターのように電線とハウジングを封印するシールゴムを端子に圧着する必要がなく、非防水タイプのコネクター同様、ハウジングアセンブリに圧着された端子を挿入後、キャップを押し込みロックするだけで防水性…


日本モレックス FFC/FPC用ワンタッチコネクター、1回の動作で挿入・嵌合

日本モレックスは、ワンタッチで嵌合し作業性の向上を実現する「Easy On FFC/FPC用ワンタッチコネクター200485シリーズ」を発表した。新製品は、自動ロックネイルシステムを採用し、ワンタッチで瞬時に嵌合ができる小型設計の0.50ミリメートルピッチコネクター。標準的なフリップタイプのFFC/FPCコネクターは嵌合時にアクチュエーターを開ける・閉めるの2つの動作が必要だが、新製品は挿入と嵌合を1回の動作で行うことが可能。 定格電流は0.5A、回路サイズは10〜51極で、ライトアングルタイプとストレートタイプを用意。 使用範囲温度は最大105℃の標準対応と、125℃の高温対応があり、車載イ…


日本モレックス SlimStack基板対基板用コネクター、低背設計 高い嵌合力

日本モレックス(神奈川県大和市)は、低背設計で高い嵌合力の0.40mmピッチSlimStack基板対基板用コネクター「HRF 7S&7Lシリーズ」を発表した。 新製品は、基板装着時の補助金具によるロック機構と、端子接点の内側と外側にディンプルを設けたロック機構のマルチロック設計によって、嵌合力が強化。嵌合高さ0.70mmの低背設計でありながら、強い振動や衝撃下でも高い嵌合保持力を発揮する。従来製品と嵌合力を比べて、10極製品で2.8Nから4.0Nに向上し落下などにも強い構造のため、コンパクトで持ち運び可能なアプリケーションに適している。 リセプタクルとプラグで構成され、極数は7Sシリーズが6〜…


日本モレックス 基板対基板用コネクタ 0.635mmピッチフローティングシリーズ

嵌合時の誤差、ズレ吸収 日本モレックス(神奈川県大和市)は、嵌合時の誤差を吸収するフローティング機構を搭載したSlimStack基板対基板用コネクタ「0.635ミリメートルピッチフローティングシリーズ」を発表した。 新製品は、広範囲のフローティングレンジを装備しており、コネクタを嵌合する際に生じる位置ズレを吸収し、適度なフローティング力によって嵌合時の作業を容易にすることが可能。衝撃や振動の影響を軽減できるため、基板の損傷や不具合の防止にも貢献。表面実装用金属キャップによって、自動実装にも対応する。 PLC/モーションコントロールユニット、LEDディスプレイなどの産業機器や、ドメイン制御ユニッ…


日本モレックス「L1NKコネクターシステム」2.5、3.0mmピッチ追加、誤嵌合、端子脱落の防止機能

日本モレックスは、誤嵌合および端子脱落防止の機能を備えた電線対基板用コネクター「L1NK(リンク)コネクターシステム」に、2.50ミリメートルピッチ(L1NK250)と3.00ミリメートルピッチ(L1NK300)製品を追加した。 同コネクターシステムは、ヘッダー、レセプタクル、圧着端子、TPAで構成。レセプタクル側に装着するTPA機構は、レセプタクルに装着したワイヤーハーネスの端子部分を所定の位置に固定することで、端子の脱落を防ぎ、ヘッダーとの接触信頼性をもたらす。また、極性キーによる誤嵌合の防止や、クリック音で嵌合が確認できるポジティブロック機構を備えている。 新しく追加されたL1NK250…


日本モレックス ケーブルアセンブリ&圧着済みリード線 在庫販売、国際規格にも準拠

試作機作製や生産も容易 日本モレックスは、プロトタイプ作製やグローバル生産に対応する「オフ・ザ・シェルフ(OTS)Micro Fit3.00ミリメートルピッチケーブルアセンブリ/圧着済みリード線」を発表した。 同ケーブルアセンブリは、6.5~8.5Aを供給可能な単列リセプタクル型で、同社の既存コネクターと併用できるディスクリートケーブルアセンブリ。標準品として在庫販売を行うため、開発プログラムや製造プログラムの両方で利用できる。米国UL10002規格と、EUの2011/65/EU RoHSに準拠しており、電子機器のアプリケーションにそのまま使用可能なため、設計時間やリソースの削減、プロトタイプ…


日本モレックス 基板対基板コネクターシステム、80A高電流に対応

日本モレックスは、80Aの高電流に対応した基板対基板コネクターシステム「EXTreme Guardian HDパワーコネクター」を発表した。 新製品は、1ブレードベイあたり最大80.0Aの高電流密度を実現するコネクターシステム。水平嵌合時の高さが12.70ミリメートルの低背設計によって、冷却システムの通気性をよくし、機器内の放熱性の向上にも貢献する。 また、最大125Vに対応する冗長接点設計の採用により、ACおよびDCの高電圧アプリケーションをサポートし、125℃の高温電力接点定格によって、広い温度範囲で利用が可能。 両サイドの嵌合誘い込みガイドによるスムーズな嵌合や、PCBペグによる正確なス…


日本モレックス 電線対電線用コネクター、極性キーで誤嵌合防止

日本モレックスは、極性キー機能と豊富なカラーバリエーションによって誤嵌合を防止する「CP−4.5電線対電線用コネクター」を発表した。   新製品は、誤嵌合の際にはハウジングリブに備わる極性キー機能によって、リセプタクルとプラグが嵌合できない仕組みとなっており、さらに色分けされたハウジングによって嵌合の組み合わせを識別でき、同色でないと嵌合できなくなっている。   また、ハウジングに搭載のポジティブロック機能によって、クリック音で嵌合を確認することが可能。ハウジング両端をサポートし、ワイヤーの挟み込みを防止するインテグラルビームや、製品点数の削減や在庫管理を簡素化するジェンダーレス圧着端子などが…


日本モレックス iGrid2.00mmピッチ電線対基板用コネクター、金メッキ製品追加

柔軟な設計 ラインアップ拡充 日本モレックス(神奈川県大和市)は、「iGrid2.00mmピッチ電線対基板用コネクター」2列品に金メッキバーションを追加し、ラインアップを拡充した。 同コネクターは、ロック機構にインナーポジティブロックを採用しており、「カチッ」というクリック音で嵌合の確認ができ、低挿入力で不完全嵌合を防ぐことが可能。また、ハーネス品の梱包・輸送、取り出しの際の配線の絡み、ロックのラッチ部損傷を防ぐ設計にもなっている。 今回、金メッキ仕様のストレートヘッダー、ライトアングルヘッダー、圧着端子の追加により、従来の錫メッキと金メッキ、10〜40極の極数展開、ストレート・ライトアングル…