日本モレックス 4列基板コネクター発売 約30%の省スペース化

日本モレックス(神奈川県大和市)は、千鳥型回路レイアウトによって従来のコネクターよりも30%の省スペースを実現した基板対基板用「Quad-Rowコネクター」の販売を開始した。

新製品は、0・175㍉ピッチで4列にわたってピンを千鳥型回路レイアウトで配置。これにより、高密度な回路接続が可能になり、また、かつてないレベルで省スペースを実現した。

また、標準的な0・35㍉の半田付けピッチと合致しており、一般的な表面実装技術工程を用いて大量生産を迅速に行うことができる。とくに、大量生産時や組み立て時にピンが破損するのを防止するために、内部アーマーやインサートモールド型の電力ネイルが採用されており、信頼性の高い堅牢な性能が保証。しかも、アライメントが広く使いやすいため確実な嵌合が実現可能で、故障率も低くなっている。

さらに、小型で信頼性の高い基板対基板用Quad-Rowコネクターは、より小さくなったPCBやフレックスアセンブリを必要とするAR/VR、自動車、通信、消費、防衛、IoT、医療、ウェアラブルなど、さまざまなアプリケーションで使える。

なおコネクターは、32ピンと36ピンに加え、20ピンと64ピンを近日発売予定で、将来的には100ピンまで対応する計画。

https://www.japanese.molex.com/molex/home

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG