日本モレックス、デジタルヘルスと医薬業界の将来に関する世界規模の調査結果を発表

日本モレックスは、米モレックス社とPhillips-Medisizeが共同で行ったデジタルヘルスと医薬業界の将来に関する世界規模の調査結果を発表した。

88%が電子ドラッグデリバリーを非常に重要と回答し、調査対象とした医薬系企業の3分の1が市場にデジタル治療を1つ以上提供している。電子化のメリットの上位は患者体験、服薬アドヒランス、個別化にあり、データのプライバシー、満足度、接続のしやすさ、規制、および技術面に課題があるとしている。

https://www.japanese.molex.com/molex/news/ShowArticles.action

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る