【各社トップが語る2021】日本モレックス「IAS4.0対応品訴求」吉田 憲司 シニアマネージャー

日本モレックス
吉田 憲司 シニアマネージャー
ビジネスデヴェロップメントアジア インダストリアル オートメーション

 

2020年12月期の売り上げは前年比10%増となった。ロボット向 けが賢調で、工作機械向けも海外中心に良くなっている。

昨年は市場の目まぐるしい変化もあり、お客様との製品開発期間が長くなって、計画通り進めることができなかった。

今年は売り上げ約倍増を目指しスタートしている。自動車、ロボット、工作機械、物流などのトップユーザーを対象に、先端技術の提案を強化する。これまで当社が提唱してきた次世代スマートファクトリーへのイノベーションコンセプト「IAS4.0(Industrial Automation Solutions)」に対応したセーフティ対応製品のユーザー向け開発を進めており、順次関連製品をリリースしていく。

また、今年1月からはIAS4.0の周辺モジュールとして、いずれもIP67の高い環境特性を有したマネージドネットワークスイッチやHMI、セーフティリレー内蔵の電源をリリースする。

とくにHMIは、OPC UA対応で、スレーブ間だけで通信による自律分散制御が可能になるほか、省配線化にも貢献する。

現在コンテンツマーケティングとして、ターゲットになるお客様の欲しい情報を提供していく取り組みを強めている。

その一環としてカタログも一新した。製品の概要・特徴や細かな仕様のほか、テストデータ、海外販売するための対応規格、さらにはシステム構成上必要な周辺機器なども掲載するなど、設計者が必要とする情報を詰め込んだ。ぜひダウンロードして役立てて欲しい。

コロナ禍で展示会もリモート開催が主になっているが、ただ展示を見せるだけでなく、お客様がリモートで操作し試せる仕掛けも考えたい。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る