遠隔監視 の検索結果

シュナイダー クラウドベースの機械常時遠隔監視サービス、低コストで簡単導入

最短半日 幅広い製品一元管理も シュナイダーエレクトリックは、自社製品をIoT化して遠隔監視を可能にするクラウドベースの機械の常時監視サービス「EcoStruxure マシンアドバイザー」を、6月3日から中堅機械メーカー向けに提供を開始した。機能を作り込んだレディメイドで、初期コストを抑え、容易に導入できるのが特長だ。 同製品は、自社の機械を設定してクラウドに接続するだけで、出荷後に客先で使われる機械や装置の構成部品情報の一元管理、稼働状況の管理と確認が可能になる。すでに作り込んであるため、価格が安く、最短半日で使用が可能。シュナイダー製品以外の制御機器も登録でき、幅広い製品の一元管理と監視が…


横河電機 ポンプ遠隔監視サービス 概念実証開始

横河電機は、現在開発中のIIoTアーキテクチャを活用したポンプ遠隔監視サービスの企画・開発を進めており、このたび、同サービスの市場価値の検証と実際のサービスメニューの検討を行うため、イワキと連携して概念実証(Proof of Concept:PoC)を開始した。 今回両社が行うPoCは、化学プラントの化学薬液の移送や食品プラントの液体輸送などで活用されているイワキ製のマグネットポンプの稼働状況を遠隔監視できるサービス。イワキの「ポンププロテクターDRN」で収集した、ポンプの電流値、運転時に変化する吐出圧力・流量、移送液温度などのデータやタンクの渇水の情報を、横河電機が開発中のIIoTアーキテク…


【工場のIoT導入をどう進めるか?】フエニックス・コンタクト 遠隔監視・制御システム 低コストで構築

Q.日本の製造業のIoT化に対して、どんな課題がありますか? 日本の製造業には、少子化による人手不足と1人あたりの生産性向上という大きな課題があり、その解決のために設備の遠隔監視や遠隔制御への関心が高まっています。しかし、わずか数ビットのデータを転送するシステムを構築するのにも人手とコストがかかり、なかなか遠隔監視・制御が進まないという現実があります。 Q.その課題に対して御社の解決策、取り組みは? 当社の「Radioline」は、無線モジュールとI/Oモジュールからなるワイヤレスシステムで、無線モジュールにI/Oモジュールを取り付けて機器前面のダイヤルを操作するだけで簡単にI/O信号の伝送ネ…


NTTコミュニケーションズ IoT向けサービス開始 製品の遠隔監視や保守

NTTコミュニケーションズは、セキュアなIoT環境をワンストップで実現する「IoT Platform」サービスのラインアップとして、遠隔での製品管理を実現するクラウドベースのIndustrial IoT向けサービス、「Machine Cloud」を8月29日から提供開始した。 利用されている製品群(工場で稼働する機器や、出荷された産業機器)の稼働状況を収集・分析でき、当該製品の製造・販売・保守を行うユーザーは、故障の予兆検知・遠隔保守のコスト軽減・より利用者に適した製品の提案などが可能となる。 ユーザーは、対象となる機器に通信デバイスを接続し、クラウドに機器の情報を収集・蓄積、Web画面で稼働…


音羽電機工業 接点付き同軸ケーブル用SPD「CS-NPJ50-600SP」 SPDの状態を遠隔監視

音羽電機工業は業界初の遠隔監視可能な同軸ケーブル用SPDを開発、JECA FAIR2016製品コンクールでも奨励賞を受賞するなど、画期的な製品として注目を集めている。 同製品は接点付き同軸ケーブル用SPD(型式:CS-NPJ50-600SP)。接点出力に対応することで、SPDの状態(正常、交換推奨、劣化)が遠隔監視できる。さらに交換推奨時期やSPD劣化時期に内蔵のLEDを点灯させることでSPDの寿命予知の見える化を実現し、設備の無人化、点検・メンテナンスの効率化に寄与する。 さらに、カップリングナットのスパナがけ構造により工具を用い確実な締め付け管理が可能となっている。RoHS規制にも対応して…


東芝 IoTスタンダードパックの販売開始 遠隔監視を迅速に実現

■産業機器・設備の見える化 経済的な運用が可能 東芝は、産業機器やビルファシリティなど管理・監視対象とする装置のデータ収集と蓄積、稼働状況を示すデータの見える化サービス・遠隔監視サービス、運用サポートまでをパッケージ化し、「見える化と遠隔監視」を簡単・迅速に始められる、IoT基盤のクラウドサービス「IoTスタンダードパック」の販売を始める。 同サービスは、プラントやビルファシリティ・産業用機器の遠隔監視による故障検知や、エネルギーマネジメント、製造工場での歩留まり向上など、社会インフラ、エネルギー、産業領域で多くの導入実績があり、製品・機器の接続からデータ収集、蓄積・分析による見える化やその利…


NTTデータ・日立造船など 遠隔監視で実証実験 稼働音解析し予兆検知

NTTデータとNTTデータエンジニアリングシステムズ(東京都大田区、木下篤代表取締役社長、NDES)は、日立造船と共同で検討を進めてきた、有明工場の大型機械加工設備の遠隔監視について、本格実証実験を開始した。 実験では、日立造船有明工場の基幹生産設備である大型5面加工機の主要部品に複数のマイクを設置し、稼働音データを収集。収集した稼働音データは、NTT研究所の音響信号分析技術を利用してNTTデータが開発した「稼働音解析システム」で分析する。正常時の稼働音と実際に取得した稼働音の乖離(かいり)度合いを自動判定して、設備の異常を検知する。 これにより、これまで工場内のさまざまな機械の稼働音や製品の…


日立情報通信エンジニアリング IoTサービス提供 遠隔監視・制御を実現

日立情報通信エンジニアリング(横浜市西区、小菅稔代表取締役社長)は、「IoT/M2M情報収集ソリューション」の機能を拡張した「スマートIoTサービス」の提供を開始する。 新サービスは、従来の温度監視サービスのリアルタイムなデータ収集とその見える化、24時間監視による異常検知と警報通知機能に加え、新たにモバイル回線によるデータ収集や空調機器の監視・制御が可能となっている。また、監視可能な対象を温度から電力、湿度、CO2濃度などの環境データをはじめ、産業用機器から収集される稼働データまで拡張し、EMSや産業用設備の予兆監視など、幅広い用途に適用できる。 具体的な活用シーンとしては、例えば、飲食系チ…


NECプラットフォームズ 遠隔監視システム「コルソス CSDJ」発売

NECプラットフォームズは、上下水道施設をはじめ、製造業や農業など現場の状態監視を行い、各種通信方式により情報を伝達、処理を行う遠隔監視システム「コルソス CSDJ」を発売した。 同製品は、CPUからデジタル・アナログインターフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウエアまで、設備稼働状況や故障情報、上下水道施設における水位・流量などの情報を各種通信インフラを用いて監視・通報する機能をワンパッケージ化。手軽に低コストでの導入ができる。 クラウド運用、オンプレミス運用にも対応。本体は分離設置可能な構造のため、縦設置・横設置の選択や制御盤内のDINレールへの直接取り付けも可能。拡張性も備え、さまざまな…


IDEC PLC「FC6A形」 遠隔監視・CAN通信対応

IDECは、PLC「FC6A形」を昨年12月25日からグローバル発売し、多くの特徴で設計者の注目を集めている。 大きな特徴として「システムのIoT化が簡単にできる遠隔監視対応」「特殊車両やディーゼル発電機向けの多彩なアプリケーションを実現するCAN J1939対応」「コンフィグレーションエディタによる開発工数削減」の三つが挙げられる。 遠隔監視については、HMIモジュールを用いることで、PLC内に格納された現在値や設定された目標値の確認、変更を実現。また、遠隔地から汎用のWEBブラウザを用い、システムの状態を確認することもでき、パスワード機能も装備している。また、メール送信機能も搭載。設定した…