シュナイダー クラウド接続・遠隔監視ソリューション、ワンストップで提供

シュナイダーエレクトリックとコネクシオは、ワンストップで製造装置のクラウド接続・遠隔監視を提供するソリューション「Air Connect for Machine Advisor」を共同開発し、8月24日から発売した。

同ソリューションは、遠隔監視クラウドに必要な機器とシステムの全てをワンストップで提供し、既設の製造装置のクラウド接続とリモート監視を可能にするソリューション。

製造装置との接続はコネクシオ製の4G通信機能付エッジデバイス「CONEXIOBlackBear」、通信サービスは4Gルーター・4G-SIM契約の「TRIBE-biz」、クラウドプラットフォームはシュナイダーエレクトリックの・シュナイダー社の「EcoStruxure Machine Advisor」を使い、クラウドへの接続を簡単に行えるセットアップツール「Air Connect設定ツール」をトータルパッケージで提供する。

導入時に必要なのは、クラウド上で監視したい装置データのアドレス、データ収集の周期、クラウド上の表記名等を定義するCSVファイルのみ。ファイルを設定ツールに読み込むだけで、複雑な通信設定やクラウド設定なしに導入が可能。

また4G・VPN通信サービスを利用することでセキュアな通信環境を実現。海外でも利用可能な4G通信機能付エッジデバイスと、世界各拠点に出荷した装置をクラウドベースで常時遠隔監視できるプラットフォームの利用により、国内外の新設・出荷済みの製造装置に対応している。

通信からクラウドプラットフォームまで全てをシュナイダーエレクトリックが一元的に提供し、サポートも一括して提供する。SIM契約も含めた年間費用一括での購入(前払い)にも対応している。

クラウドへの接続が簡単

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG