横河電機 ポンプ遠隔監視サービス 概念実証開始

2017年10月18日

横河電機は、現在開発中のIIoTアーキテクチャを活用したポンプ遠隔監視サービスの企画・開発を進めており、このたび、同サービスの市場価値の検証と実際のサービスメニューの検討を行うため、イワキと連携して概念実証(Proof of Concept:PoC)を開始した。 今回両社が行うPoCは、化学プラントの化学薬液の移送や食品プラントの液体輸送などで活用されているイワキ製のマグネットポンプの稼働状況を遠隔監視できるサービス。イワキの「ポンププロテクターDRN」で収集した、ポンプの電流値、運転時に変化する吐出圧力・流量、移送液温度などのデータやタンクの渇水の情報を、横河電機が開発中のIIoTアーキテク…