IDEC LTE通信型クラウドデータロガー 簡単に遠隔監視 ⅠoTゲートウェイ、通信、クラウド一体化

IDECは、IoTに必要なIoTゲートウェイと通信、クラウドサービスをワンパッケージにし、設備の遠隔監視を簡単にするLTE通信型クラウドデータロガー「SG1A形」を発売する。

同製品は、コンテックと共同開発した製品で、ハードウエアとしてのIoTゲートウェイとLTEルータ、LTE通信、データを蓄積するクラウドインフラ、データを整理して見える化する可視化アプリケーションをワンセットとして提供。PLCとEthernetでつないで設備データを収集し、クラウドに上げて可視化するまでの環境をわずか10分ほどで実現できる。

PLCからのデータ収集は1分に1回、最大100データまで。データはLTE通信で同社のクラウド環境に集約され、遠隔監視用アプリケーションでダッシュボードやグラフ表示で状況をモニタリングできる。閾値を超えた場合などはイベント通知、アラート機能などで関係者に発報される。プラントやインフラなど設置場所が多いがメンテナンス頻度の低い設備、設置場所が分散しているが要メンテナンスで高い稼働率が求められる設備などに最適となっている。

通常、IoTや遠隔監視システムを構築するには、IoTゲートウェイとLTEルータ、LTE通信環境、クラウドサービス、アプリケーションのそれぞれを個別に購入・契約し、それらをひとつのシステムに構築する必要があったが、IT・デジタル人材の不足やシステム構築費用が高額になるのがネックとなっていた。

同製品はそうしたデジタル環境構築の手間とコストを大きく低減することができる。構築期間もこれまで数カ月から1年単位かかっていたものを数十分単位に減らせ、生産技術部門など現場主導でも簡単に短時間で組むことができる。

価格は、機器の標準価格7万3000円(税抜き)と年間サービス利用料2万6400円(税抜き)。販売目標は3年間で4000台を目標とする。

https://jp.idec.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG