IDEC PLC「FC6A形」 遠隔監視・CAN通信対応

IDECは、PLC「FC6A形」を昨年12月25日からグローバル発売し、多くの特徴で設計者の注目を集めている。

大きな特徴として「システムのIoT化が簡単にできる遠隔監視対応」「特殊車両やディーゼル発電機向けの多彩なアプリケーションを実現するCAN
J1939対応」「コンフィグレーションエディタによる開発工数削減」の三つが挙げられる。

遠隔監視については、HMIモジュールを用いることで、PLC内に格納された現在値や設定された目標値の確認、変更を実現。また、遠隔地から汎用のWEBブラウザを用い、システムの状態を確認することもでき、パスワード機能も装備している。また、メール送信機能も搭載。設定した送信先に対し、メッセージと組み合わせ、内部メモリの値を送信できる。コンフィグレーションエディタにより増設モジュール設定機能や、I/Oモニタによりシステム全体の状態も一目で分かる。

また、ディーゼルエンジンの電子制御で標準化されている「CAN J1939」通信プロトコルに対応したCPUモジュールをラインアップ。

他にもPIDモニタ機能の装備、着脱可能なコネクタの採用、DC12V電源タイプのラインアップなど使い勝手を考えた仕様にしている。プログラムサイズは最大8万ステップ相当、I/O点数は520点まで増設可能。

http://jp.idec.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG