NTTデータ・日立造船など 遠隔監視で実証実験 稼働音解析し予兆検知

2016年6月8日

NTTデータとNTTデータエンジニアリングシステムズ(東京都大田区、木下篤代表取締役社長、NDES)は、日立造船と共同で検討を進めてきた、有明工場の大型機械加工設備の遠隔監視について、本格実証実験を開始した。 実験では、日立造船有明工場の基幹生産設備である大型5面加工機の主要部品に複数のマイクを設置し、稼働音データを収集。収集した稼働音データは、NTT研究所の音響信号分析技術を利用してNTTデータが開発した「稼働音解析システム」で分析する。正常時の稼働音と実際に取得した稼働音の乖離(かいり)度合いを自動判定して、設備の異常を検知する。 これにより、これまで工場内のさまざまな機械の稼働音や製品の…