コントローラー の検索結果

デンソーウェーブ 高機能で低価格、データ統合コントローラー新機種登場

デンソーウェーブは、データ統合コントローラーの新機種「IoT Data Server Edge-AT」を3月19日から発売する。価格はオープン。 新製品は、従来のラインアップの中で最も高スペックなPremium-Dと同等レベルの高機能製品でありながら、スタンダードモデルのBasic-Dと同価格帯の低価格を両立。筐体の冷却機能や基本ソフトを細部まで調整・検証し、Premium-Dと比べて4分の1以下のサイズで、質量は約3分の1というコンパクトな筐体を実現。制御盤の中など、スペースが限られる場所への設置も可能となる。 特に使用頻度が高いインターフェースを厳選し1面に集約しており、物理的な配線やメン…


シーメンス OPC UAコントローラー強化、コンパニオン仕様を実装可能

シーメンスは、OPC UA通信に対応する「SIMATIC S7-1200コントローラー」(ファームウェアV4.4)の提供を開始した。 OPC UAは、OSやプラットフォームに依存せずに、マルチベンダー間でデータ交換が可能な産業用通信規格で、電子署名や暗号化通信に対応しており、セキュアな通信を実現する。 新製品は、OPC UAで使用される業界の標準インターフェース(コンパニオン仕様)を、無償ソフトのOPC UAモデリングエディタを使用して簡単に実装することが可能。OPC UAに対応したコントローラーにより、どの装置にも同じ通信仕様でアクセスでき、装置の見える化が容易となる。また、装置メーカーは、…


オムロン、オールインワンコントローラー 複雑な制御も簡単、小規模装置をIoT化

オムロンは、小規模装置のIoT化と複雑な制御を簡単に実現するオールインワンコントローラー「CP2Eシリーズ」を、10月1日からグローバルで発売する。 製造現場のデータ活用や稼働状況の見える化を行うには、高価なコントローラーを用いたネットワーク構築によるIoT化が必要となり、小規模装置のIoT化は容易ではない現状がある。 新製品は、装置の稼働情報を集約し、必要な情報を上位ネットワークに接続してMESやPCと共有することや、表示器などの別機器との接続が行える。同社が提供するプログラムデータであるファンクションブロックの使用により、簡単に複雑な制御の装置を立ち上げ、コントローラーのプログラミングやテ…


エプソン、コントローラー内蔵の新6軸ロボ「VT6L」省スペース使いやすさ実現

エプソンは、6軸ロボットの新製品として、コントローラ内蔵の新シリーズ「VT6L」を2月20日から受注開始した。 新製品は、人手による搬送作業を自動化する目的で開発され、電機・電子部品や自動車部品の搬送、組み立てなどに適した、可搬重量6キログラムの6軸ロボット。コントローラを本体に一体化したため、M/Cケーブルが不要となり省スペースでの設置と使いやすさを実現している。 また、バッテリーを使用せずに、モーターの原点位置情報を記憶するバッテリーレスモーターユニットを搭載。交換用のバッテリー費用や廃棄が不要になり、ランニングコストの削減と、メンテナンスによるロボットのダウンタイムの削減も可能になる。 …


オムロン「セーフティネットワークコントローラー」 世界初 2つの安全通信対応

同時に使用可 システム容易に構築、制御 オムロンは、産業用ロボットメーカー各社が採用する安全通信規格「CIP Safety」と、高速応答を実現する安全通信規格「FSoE」の2つの産業用ネットワークに世界で初めて対応した安全システム用コントローラー「NXシリーズ セーフティネットワークコントローラー」を、8月から発売した。 自動車や食品の工場は、多品種少量生産などにより柔軟な生産ラインの変更が求められるが、従来のセーフティコントローラーでは、ラインの一部の変更でも全体に対する安全システムの見直しが必要となり、柔軟な対応は困難となっていた。また、安全管理者の不足により、安全システムの構築やメンテナ…


オムロン プログラマブル多軸コントローラー発売、最高レベルのモーション制御

オムロンは、ナノメートル単位でモーション制御を実現するプログラマブル多軸モーションコントローラー「CK3Mシリーズ」を8月からグローバルで販売開始した。 新製品は、半導体製造装置などで広く採用実績のあるデルタタウデータシステムズ社が開発した「PMAC」が持つ世界最高レベルのモーション制御能力と、オムロンの放熱性、耐ノイズ性などの高い設計技術を融合させた、コンパクトなサイズの汎用モーションコントローラーとなっている。 近年、半導体デバイスの微細化や構造の三次元化が進むにあたり、製造装置にはスケールやモーターなどさまざまな周辺機器を最適に同期させた、高精度な位置決めや軌跡制御が求められている。 &…


オムロン、世界最高レベルのモーション制御性能を持つプログラマブル多軸モーションコントローラー発売

〜ナノメートル単位の高精度な位置決め制御を実現〜 オムロンは、ナノメートル単位のモーション制御を実現するプログラマブル多軸モーションコントローラー「CK3Mシリーズ」を2018年8月1日よりグローバルに販売し、電子機器や自動車の進化を支える未来のモノづくりに貢献します。 「CK3Mシリーズ」は、半導体製造装置などで広く採用されているデルタ タウ データ システムズ社が開発した「PMAC(プログラマブル多軸モーションコントローラー)」が持つ世界最高レベルのモーション制御能力と、オムロンが長年培ってきた放熱性、耐ノイズ性などの高い設計技術を融合させ、コンパクトなサイズを実現した汎用モーションコント…


ヤマハ発動機 統合制御型システム 2018年2月、新コントローラー

ヤマハ発動機は、1台のコントローラで複数のロボットや搬送系、周辺IO、HMIなどを統合制御できる自動化システム「Advanced Robotics Automation Platform」に注力している。そのコントローラであるYHXシリーズの新製品「YHX-HCU-HP」を、18年2月から発売する。 処理能力、従来の3倍 同製品は、同期制御するロボットや周辺機器の増加を見据え、CPU処理能力を従来機種の約3倍に向上。プログラム作成の効率と処理能力を高め、より大規模かつ複雑な装置を1つのユニットでスムーズに構築できるようになる。国際規格IEC61131-3に準拠した高性能なリアルタイムモーション…


三菱電機 IoTファクトリーコントローラー公開 16年度以降の製品化目指す

三菱電機は、17日開催した研究開発成果披露会で、将来の工場に向けた「IoTファクトリーコントローラ」を公開した。今後、実証を行いながら16年度以降の製品化を目指している。 同製品は、同社製シーケンサをベースとして接続し、CPUと簡単にデータの共有ができる。 外部との安全・安心なクラウド接続ができるように、複数拠点の連携を実現している。 通信データや機器認証に暗号技術を活用することで工場とクラウドの安全・安心な通信を確立し、クラウド上の生産管理システムと接続し、本社や工場など複数拠点の連携を可能にする、同社が提唱する「e―F@ctory」を実現できる。また、センサーのデータ量に応じ、処理能力を容…


アルゴシステム オールインワンコントローラー「C-APシリーズ」 安定稼働と超高速処理両立

アルゴシステムの「C―APシリーズ」は、タッチパネル機能をコントローラと一体化した上、2万8000ステップ/50μsの高速処理を実現したオールインワンコントローラで、技術者の評価も高く、工場の自動化装置はもちろん、安定性の高さから、新エネルギー関連を含めたあらゆる分野で採用が相次いでいる。 従来は「制御用PLC」「モーションコントローラ」「データ処理用PC」「画像処理エンジン」など、それぞれ別々に機器を用意して設計する必要があったが、オールインワンのため、開発工数削減、購入品費用の削減にもつながる。 コントローラはクアッドコアのAtomプロセッサを搭載し、リアルタイムOSを占有したコアで処理す…