製品・技術展望 PLC(プログラマブル・コントローラー) 14年度出荷1000~1100億円の期待

PLC(プログラマブル・コントローラー)市場は、半導体製造装置関連や工作機械などの顕著な回復基調を受けて、昨年10月以降、急速に出荷が伸びている。この背景には円安が進んだことで輸出環境が好転していることも大きい。加えて自動車関連も好調で、国内はさほど大きな投資は見られないが、海外での工場新設は継続して進められており、PLCの出荷を底支えしている。

日本電機工業会(JEMA)の2013年度上期のPLC国内出荷額は、前年同期比112・6%と2桁の増加となっており、期初の見通しより10ポイント以上も上回っている。通期では同108・9%、869億円の見通しであるが、今後は消費税導入前の前倒し需要なども見込まれ、先行きへの不安要素は少ない。従って、13年度は20%近い大幅な伸びも見込め、再び1000億円台乗せも見えてきた。

海外も、欧米市場に回復基調が見られ、アジアも新興国を中心に自動車の生産投資が継続することから、PLC需要を押し上げるものと見られる。14年度には、1000億円から1100億円まで伸長が期待できそうだ。

また、PLCは工場での生産用だけでなく、ビル制御やアミューズメントなど工場の外にも市場を広げている。エネルギーの最適使用に向けたあらゆる面での取り組みはPLCを駆使した新しいアプリケーションを生み出している。さらに、生産効率向上を狙いにしたリニューアル需要が今後活発化することが見込まれており、市場拡大への死角は少ない。ソフトPLCも、一定の市場を形成しつつある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG