昭電 の検索結果

昭電 電源用避雷器を発売 新JIS対応で安全性向上

昭電(東京都墨田区、太田光昭代表取締役社長)は、最新JIS安全性試験(JIS C5381-11:2014)に対応し、安全遮断技術「SITS」を採用した雷害対策製品電源用SPD(サージ防護デバイス)「AGNシリーズ(AGN-4)」を、7月から販売開始する。価格はオープンで、年間AGNシリーズ全体で1万台の販売を計画。 新製品は、2014年に制定されたJIS C 5381-11で規定された、SPD故障時の安全性確認の強化に対応しており、SPDの劣化から短絡故障となる過程を各段階で再現して、安全性(安全に故障する)を確認することができる。 また、安全遮断技術SITSは、JEITA RC-4502の付…


昭電 新JIS対応製品開発に向け短絡電流試験装置を導入

昭電(東京都墨田区、太田光昭社長)は、雷害対策の技術拠点である昭電テクノセンタ(千葉市稲毛区)試験棟内に、短絡電流試験装置を導入した。新JIS(JIS C 5381-11:2014)により電源用SPD、SPD分離器の安全要求が規格化され、同社は今回の試験装置により新JISに適合した製品開発を進めていく。電源用SPDは雷害対策機器として広く普及しているが、許容以上の雷エネルギーが通過することで短絡故障し、電源事故、発火事故に至るケースが発生している。このため、電源用SPDは短絡した安全阻止を電源回路から分離できる機能を内蔵または外付けで取り付ける必要があり、新JISでも安全要求が規格化された。 …


昭電 雷リスク診断サービス開始

昭電(東京都墨田区太平4-3-8、TEL03-5819-8373、太田光昭社長)は、web 上から無料で雷リスクを診断する業界初の「雷リスク診断サービス」を1日から開始した。 このサービスは、同社のホームページ内の専用ページから、「地域」や「業種」「建物の種類」など6つの簡単な質問項目に回答するだけで簡単に「雷害リスク1~5」を総合判定できるもの。 サービスメニューは、この診断結果をレポートする「web診断」(無料)と、専門スタッフにより詳細な現地調査を行い診断する「現地診断」(有料)の二つをラインアップ。「web診断」で年間1000ユーザーを目標にしている。 web診断は、メーカーなどの大規…


昭電 通信用SPD「ASGシリーズ」 故障状態を遠隔施設に送信

昭電は「情報化社会に安全と信頼を提供する」総合安全企業として、創業50周年を迎えた。現在、雷害・地震対策を中心に防災製品の提案、設置、保守サービスまでをワンストップで対応できる体制を構築している。 SPD(サージ保護デバイス)では電源用、通信用、一般民需用、鉄道保安用など用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 電源用でDC向けのADN/DNやクラスⅡ対応のAPN-4/APN-2の各シリーズは、同社独自の安全電流遮断技術システム「SITS」を採用。全領域で短絡電流を遮断する安全技術を有している。 通信用ではFA設備や計測機器を護るASG/SGシリーズなどがあり、このうちASGシリーズは、警報接点…


昭電 「落雷情報配信サービス」開始 気象予報士によるコンサルサービスも

ゲリラ豪雨と呼ばれる激しい集中豪雨が多発するなか、昭電(東京都墨田区太平4―3―8、TEL03―5819―8373、太田光昭社長)は、落雷位置のリアルタイム提供など、落雷被害を最小限に抑えるための「落雷情報配信サービス」を2月から開始した。 同サービスは、環境センサーネットワークがとらえた落雷位置をリアルタイムに提供するほか、落雷位置などの落雷情報や気象庁のデータをもとにウェザー・サービス社が解析した落雷予測を「落雷予報」として提供する。また指定したエリアの落雷発生図や時刻、位置、対地雷や雲間雷といった落雷の種別、電流値などを「落雷証明書」として報告。 さらに気象予報士による24時間体制のコン…


昭電 雷害対策製品通信用SPD 上位モデル「ASGシリーズ」発売

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、TEL03―3518―8373、太田光昭社長)は、火災報知システムなどのセキュリティ機器や、太陽光発電システムの計測機器などを雷被害から守る雷害対策製品通信用SPD(サージ保護デバイス)として「ASGシリーズ」を、10月から販売開始した。 「ASGシリーズ」は通信線や信号線などから侵入する雷サージに対し計測機器や通信機器などを保護するSPDで、同社が従来から販売している通信用SPD「SGシリーズ」の上位モデル。 警報接点・故障表示付きの通信・信号用SPD「ASG―SPDユニット」と、専用の電源ユニット・警報ユニット(およびサージカウンタユニット)を組み合わせて…


昭電 BCP対策モデルパーク設置 PV設備の防災・防犯に

昭電は「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げ、総合安全企業として雷害対策から防災までの提案、設置、保守サービスまでをワンストップで対応できる体制を構築している。 SPD(サージ保護デバイス)では電源用、通信用一般民需用、鉄道保安用など用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 新製品として、PV用(太陽光発電)SPD「DNシリーズ」の販売も開始している。 また、PV設備の防災・防犯などの展示場として「BCP対策のモデルパーク」を同社成田工場内に設置した。総合安全対策企業として、50年におよぶ豊富なテクノロジーと工事実績、最新鋭の試験設備により開発した安全性の高い製品やシステムをPV向けソリュー…


昭電が成田工場にモデルパーク設置 太陽光発電所の防災・防犯展示場

昭電(東京都墨田区太平4ー3ー8、TEL03ー3518ー8373、太田光昭社長)は、PV(太陽光発電)所の防災・防犯などの展示場として「BCP対策のモデルパーク」を同社成田工場(千葉県香取市桐谷808)内に設置し、5月19日から公開を始めた。 2012年7月からスタートした「PVの固定価格買い取り制度」により、産業用のPV市場が急速に拡大しているが、その一方で、雷・地震などの災害や不審者の侵入防止など、安定した発電事業には様々なリスクに対応する必要がある。 同社は総合安全対策企業として、50年におよぶ豊富なテクノロジーと工事実績、最新鋭の試験設備により開発した安全性の高い製品やシステムをPV向…


昭電 全領域短絡遮断形PV用接続箱 高い機能性と安全性プラス

昭電は、雷害対策の機器・装置・システム・工事まで一貫した体制で取り組んでいる。特にSPD(避雷器)では用途別に各種そろえており、このほどこの技術を生かし、太陽光発電(PV)システム向けに高い機能性と安全性をプラスした「全領域短絡遮断形PV用接続箱」を販売開始した。 雷サージ侵入に対し、接続箱自体がJIS C 61000―4―5に準拠して、PVパネル、逆流防止ダイオードとの保護協調が確実に取れた回路構成。 また、万一SPDが短絡側に劣化または破壊した際の短絡遮断電流は最大DC1000Aを有しており、同時に100A以下の短絡電流に対しても確実にアーク遮断可能な全領域短絡遮断式(SIT搭載)を採用し…


昭電がPV用接続箱発売 全領域短絡遮断形 高機能性、安全性プラス

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、TEL03―5819―8373、太田光昭社長)は、太陽光発電(PV)システム向けの接続箱として、高い機能性と安全性をプラスした「全領域短絡遮断形PV用接続箱」を今月から販売開始した。価格はオープンで、年間3000台の販売を見込んでいる。 PV用接続箱は屋外に設置されるケースが多く、夏季の炎天下や逆流防止ダイオードからの発熱も加わり、接続箱内は高温状態が持続する。また屋外設置のPVは落雷に遭うリスクが高く、SPD(避雷器)の劣化などによる短絡事故時のアーク放電による発火(火災)を確実に阻止する機能も求められている。 同社では「DC1000V対応」「遮断性能DC1…