昭電 の検索結果

あらゆる地震動に対応昭電がラック用免震装置

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、TEL03―5819―8373、太田光昭社長)は、ラック用免震装置「SD―6」を発売した。価格はオープン。年間50台の販売を計画。 新製品は、直下型地震(短周期地震動)から長周期地震動までのあらゆるタイプの地震動に対応して、データセンターやサーバールーム内のラックや設備を地震から守ることができる。 地震力の大きい直下型地震動に対しては、ワンウェイクラッチとトルクリミッターを回転させることで、地震によるエネルギーを効率的に熱エネルギーへ変換して振動を抑制。 一方、長周期地震動のような地震力は小さいが、移動量を増幅させる地震動に対しては、免震装置の移動量を最小限に…


雷害対策機器 各社の主力製品 昭電太陽光発電用SPD「ADNシリーズ」インパルス耐量大きい

昭電は、「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げ、総合安全企業として雷害対策から防災までの提案、設置、保守サービスまでをワンストップで対応できる体制を構築している。 SPD(サージ保護デバイス)では電源用、通信用、一般民需用、鉄道保安用など用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 新製品のPV用(太陽光発電)SPD「ADNシリーズ」は、PVシステムの直流系統に侵入する誘導雷、直撃雷からPCS、太陽電池パネル、接続箱、集電箱などに実装している構成部品を保護する。 日本のPV仕様であるDC600V系統、DC1000V系統に対応し、公称放電電流In20kA(最大放電電流Imax40kA)とインパルス…


雷被害から太陽光発電守る昭電がSPDを4月発売 インパルス耐量大きく長寿命

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、TEL03―5819―8373、太田光昭社長)は、太陽光発電(PV)システムを雷被害から守る雷害対策用SPD(避雷器)「ADNシリーズ」を4月から発売する。価格はオープン。年間1万台の販売を計画。 新製品は、PVシステムの直流系統に侵入する誘導雷、直撃雷からPCS(パワーコンディショナー)、太陽電池パネル、接続箱、集電箱などに実装している構成部品を保護する。 日本のPV仕様であるDC600V系統、DC1000V系統に対応し、公称放電電流In20kA(最大放電電流Imax40kA)とインパルス耐量が大きく、長寿命となっている。 また、直流高電圧・短絡電流に対する…


昭電 SPD、用途に応じ幅広い品揃え

昭電は、「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げ、総合安全企業として雷害対策から防災までの提案、設置、保守サービスまでをワンストップで対応できる体制を構築している。 SPD(サージ保護デバイス)では電源用、通信用一般民需用、鉄道保安用など用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 このうち、通信・信号用SPD「SGシリーズ」は、信号線や通信線に侵入する雷サージからFA設備や計装機器を守る。プラグイン構造を採用することでユーザビリティを高めているのが最大の特徴。 プラグイン構造を採用することで保守性の向上を図るとともに、プラグの抜け止め機構によってプラグインの信頼性も高めている。 また、接続端子は…


雷害対策機器主要各社の重点製品 昭電通信・信号用SPD「SGシリーズ」使い易いプラグイン構造を採用

昭電は「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げ、雷害対策を中心とする防災分野に取り組んでいる。 SPDは電源用、通信用一般民需用、鉄道保安用など用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 今月からは通信・信号用SPD(サージ保護デバイス)「SGシリーズ」の販売を開始した。新製品は信号線や通信線に侵入する雷サージからFA設備や計装機器を護るもので、同社のSIGシリーズの後継機種。市場から要望の多かったプラグイン構造を採用することでユーザビリティを高めているのが最大の特徴。プラグイン構造を採用することで保守性が良くなるとともに、プラグの抜け止め機構によってプラグインの信頼性も向上する。 また、接続端…


昭電プラグイン構造を採用通信・信号用SPD発売

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、TEL03―5819―8373、太田光昭社長)は、通信・信号用SPD(サージ保護デバイス)「SGシリーズ」=写真=を7月から販売開始する。価格はオープン。販売目標はSGシリーズ全体で年間1万台。 新製品は、同社のSIGシリーズの後継機種として、市場から要望の多かったプラグイン構造を採用することでユーザビリティを高めているのが最大の特徴。プラグイン構造を採用することで保守性が良くなるとともに、プラグの抜け止め機構によってプラグインの信頼性も向上する。 また、接続端子はM3ねじ端子を使用し、信頼性の高い丸形圧着端子接続が可能となっている。さらに、インパルス耐久性は…


特集雷害対策機器 主要各社の重点製品 昭電 電源用SPD「ASLETE APNソシーズ」 分離器内蔵で省エスペース化

昭電は「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げ、雷害対策を中心とする防災分野で取り組んでいる。 SPDは電源用、通信用一般民需用、鉄道保安用など用途に応じた幅広いラインアップを誇る。 新製品では、6月から電源用SPDとして、ハイエンドモデルの「ASLETE APNシリーズ」と、コストパフォーマンスに優れたスタンダードモデルの「PNシリーズ」の販売を開始した。このうちAPNシリーズは、電源盤や分電盤に設置することで電源線から侵入する雷サージから機器を保護するもので、業界で初めてSPDに遮断容量10kA対応の分離器を内蔵することで、保守用漏電遮断機が不要となり、省スペース化を実現している。また、…


昭電太田昭吾会長の叙勲祝賀会300人が出席し功績を称える

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、太田光昭社長)の太田昭吾会長が春の叙勲で旭日双光章を受章したことを祝う記念祝賀会が、東武ホテルレバント東京で2日開かれ、取引先をはじめ日本発明振興協会、日本雷保護システム協会、大学、金融機関などから約300人が出席した。 太田会長は昭電の創業者として、半世紀にわたり雷害対策用保安製品と地震対策製品の工業化、及びその施行方法の開発により社会に貢献した功績が認められた。 祝賀会は昭電中山君平専務の開会の言葉で始まり、昭電太田社長が「当社は皆様のお陰で昨年10月15日に45周年を迎えることができた。そのようなタイミングの中で、今回このような旭日双光章を受章できたこと…


昭電 省スペース、ローコストを実現雷サージ保護機器2機種発売

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、tel03―5819―8373、太田光昭社長)は、避雷対策の電源用SPD(サージ保護デバイス)として、ハイエンドの「ASLETE(アスリート)APNシリーズ」とコストパフォーマンスに優れたスタンダードモデルの「PNシリーズ」を6月から発売した。価格はオープン。年間各1万台の販売を計画。 いずれも、電源盤や分電盤に設置することで電源線から侵入する雷サージから電源設備や通信機器を守ることが出来る。 APNシリーズは、業界初のSPDに遮断容量10kA対応の分離器を内蔵することで、保守用漏電遮断機が不要となり、省スペース化を実現している。 また、業界初のSPD故障時の…


昭電 太田昭吾会長が旭日双光章を受章 わが国の電力安定供給に貢献

昭電(東京都墨田区太平4―3―8、太田光昭社長)の太田昭吾会長が春の叙勲で旭日双光章を受章した。雷害対策用保安製品と地震対策製品の工業化及び、その工事工法の開発により、わが国の電力安定供給に貢献したことが受章の理由。 太田昭吾会長は、1965年10月15日に昭電を設立して代表取締役社長に就任以来、40年にわたり経営の先頭に立って取り組み、同社の基礎を築いた。05年11月から取締役会長。 また、日本雷保護システム工業会会長、日本発明振興協会常務理事、電気科学技術奨励会評議員も務めており、88年4月には情報機器の地震対策の功績で科学技術庁長官賞を受賞している。 太田会長は「この度は叙勲の栄に浴し身…