昭電 の検索結果

昭電 電源用SPD「AFDシリーズ」

分離器内蔵AC400V対応 昭電はJECA FAIR(ブース№2-83)に、新製品のクラスⅠ電源用SPDを初展示するほか、電源用・通信用SPDや可搬形接地電極かっぱーくん、接地電位差抑制装置、風力発電向け雷害対策などを出展する。 また、22日(水)14時45分~15時15分には、「最新規格に適合した電源設備の雷保護と、新製品クラスⅠ SPD紹介」をテーマにした出展者プレゼンテーションも予定している。 このうち、電源用SPD「AFDシリーズ」は、国内メーカーでは初めてAC400Vに対応したSPD分離器内蔵のハイエンド機種。SPD分離器を内蔵しながら業界最小サイズ(84×127×94ミリ)を実現。…


昭電 通信用SPDを新発売、高速伝送のカテゴリー6対応

昭電(東京都墨田区)は、雷害対策の新製品、通信用SPD「ANS-CAT6」を開発、7月から発売した。 近年、地球温暖化などの影響でゲリラ豪雨と呼ばれる激しい雷雨が多発し、それに伴い落雷数も増加傾向となっている。ネットワークカメラの普及、LANケーブル、通信機器の技術進歩と低コスト化に伴い、通信速度の早いPoEがさまざまな箇所に普及しており、これらの機器が雷害に合うリスクが高まっている。 このため、総合安全企業である昭電は、LANなどのネットワーク回線から侵入する雷サージに対し、ネットワークカメラや通信機器などを保護する新製品を開発。同社の従来品である通信用SPDの上位モデルとして、より高速伝送…


昭電 国内初AC400V対応、分離器内蔵電源用SPD発売

昭電(東京都墨田区)は、国内メーカーでは初めてAC400Vに対応し、SPD分離器(ヒューズ)を内蔵した電源用SPD(避雷器)「AFDシリーズ」12機種を8月1日から発売した。出荷開始は10月から。標準価格は5万8000円~9万5000円。年間販売目標は2万台。 業界最小サイズ実現 新製品は、SPD分離器を内蔵しながら業界最小サイズ(84×127×94ミリ)を実現し、しかも国内メーカーでは初めてAC400Vにも対応している。 また、SPD分離器内蔵でも安全にSPDプラグ交換ができるように、プラグ取り外しレバーによるセーフティプラグイン構造を業界で初めて実現したことで、充電部に手を近づけることなく…


昭電 分離器内蔵でAC400V対応、電源用SPD「AFDシリーズ」

総合安全企業の昭電は、「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げて雷害対策・地震対策などの防災分野や防犯・セキュリティ分野で事業を展開している。 雷害対策用SPDでは総合メーカーとして、電源用、通信用、一般民需用と幅広くそろえている。 新製品としてこのほど、電源用の「AFDシリーズ」と通信用の「ANS-CAT6」の販売を開始した。「AFDシリーズ」は、国内メーカーでは初めてAC400Vに対応したSPD分離器内蔵のハイエンド機種。SPD分離器を内蔵しながら業界最小サイズ(84×127×94ミリ)を実現。   また、SPD分離器内蔵でも安全にSPDプラグ交換ができるように、プラグ取り外し…


昭電 電源用SPD「AGNシリーズ」安全遮断技術SITS採用

総合安全企業の昭電は、「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げて雷害対策・地震対策などの防災分野や防犯・セキュリティ分野で事業を展開している。 近年、電源用SPDは雷害対策機器として広く普及してきた。その一方で電源用SPDに許容以上の雷エネルギーが通過してSPDの内部素子が短絡故障し、電源事故に至るケースが多く発生している。このような事故はSPDの故障だけにとどまらず、電気設備の火災に至るケースもあるため、SPDの内部素子を電源回路より安全に分離できるSPDおよびシステムが必要になる。 昭電では新JIS(JIS C5381-11:2014)に対応し、安全遮断技術SITSを採用した安全性の高い…


JECA FAIR 製品コンクール 経産大臣賞は佐鳥電機・昭電 国交大臣賞 きんでん

「JECA FAIR 2017(第65回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)の製品コンクール受賞製品が発表され、国土交通大臣賞にきんでんの「ケーブル配線用延線ロープ布設装置」、経済産業大臣賞に佐鳥電機/昭電の「地絡電流抑制制御システム」、環境大臣賞に日新電機の「エネルギー管理システムENERGY-Factory」が選ばれた。 また、中小企業長官賞にMIRAI-LABOの充電式特殊LED投光器「X-teraso(エックステラソー)」、消防庁長官賞にホーチキの「特定小規模施設用自動火災報知設備」、労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所所長賞にテンパール工業の「グラグラガード (タップ型感震ブ…


昭電 電源用SPD「AGNシリーズ」 安全遮断技術SITS採用

総合安全企業の昭電は「情報化社会に安全と信頼を提供する」を掲げて雷害対策・地震対策などの防災分野や防犯・セキュリティ分野で事業を展開している。JECA FAIRでは、各種SPDを中心に展示する。小間番号は2-094。 近年、電源用SPDは雷害対策機器として広く普及してきた。その一方で電源用SPDに許容以上の雷エネルギーが通過してSPDの内部素子が短絡故障し、電源事故に至るケースが多く発生している。このような事故はSPDの故障だけにとどまらず、電気設備の火災に至るケースもあるため、SPDの内部素子を電源回路より安全に分離できるSPDおよびシステムが必要になる。 同社では、新JIS(JIS C 5…


昭電 制御セキュリティ実現 Foxデータダイオード販売

昭電(東京都墨田区、太田光昭代表取締役社長)は、オランダFox-IT社の「Foxデータダイオード」の販売を1月から開始した。年間20セットの販売を計画している。 Foxデータダイオードは、発電所や大規模プラントなどの産業制御システムを、外部ネットワークに接続することで発生するセキュリティリスクから守るためのネットワーク製品。ファイアウォールやIPS(侵入防止システム)などのソフトウェアに依存する従来のセキュリティ製品とは異なり、ネットワーク間を物理的に片方向の通信環境で接続することで、システム異常停止などの重大なセキュリティ事故から制御システムを完全に保護する。Foxデータダイオードは、Mod…


昭電 電源用SPD「AGNシリーズ(AGN-4)」新JIS対応、高い安全性

昭電はSPDとして、最新JIS安全性試験(JISC5381-11:2014)に対応し、安全遮断技術SITSを採用した電源用SPD「AGNシリーズ(AGN-4)」を、8月から販売開始した。同時に、新JISに対応した「AGNシリーズ(AGN-2)」とコストパフォーマンスに優れた「GNシリーズ(GN-2/GN-1)」も発売した。 「AGNシリーズ(AGN-4)」は、2014年に制定されたJISC5381-11で規定されたSPD故障時の安全性確認の強化に対応。SPDの劣化から短絡故障となる過程を各段階で再現して、安全性(安全に故障すること)を確認することができる。 さらに、安全遮断技術SITSは、JE…


昭電 電源用避雷器を発売 新JIS対応で安全性向上

昭電(東京都墨田区、太田光昭代表取締役社長)は、最新JIS安全性試験(JIS C5381-11:2014)に対応し、安全遮断技術「SITS」を採用した雷害対策製品電源用SPD(サージ防護デバイス)「AGNシリーズ(AGN-4)」を、7月から販売開始する。価格はオープンで、年間AGNシリーズ全体で1万台の販売を計画。 新製品は、2014年に制定されたJIS C 5381-11で規定された、SPD故障時の安全性確認の強化に対応しており、SPDの劣化から短絡故障となる過程を各段階で再現して、安全性(安全に故障する)を確認することができる。 また、安全遮断技術SITSは、JEITA RC-4502の付…