b&r の検索結果

【各社トップが語る2020】B&R「リニアとビジョンを拡販」小野雅史 代表取締役 

B&R 小野雅史 代表取締役    2019年12月期の売り上げは前年度比2桁の伸長となった。前半は好調であったが、後半多少伸び悩んだ。それでもトランスリニアモータを用いた次世代の搬送システム「SuperTrak」や「ACOPOStrak」の受注は堅調に伸びている。 リニア搬送システムの市場での認知度は高まっており、19年11月開催のIIFESでも大きなブースで展示し好評だった。製品の開発面が想定より遅れ気味であったが、体制が整ってきたことから、20年は本格的に拡販を展開していく。リニア搬送システムの市場はまだ黎明期であるが、サーボモータからの置き換えができる破壊的な可能性を有してお…


ABB、B&Rと事業融合へ、ロボとモーション統合展開

ABBは、ロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスの1ユニットであるB&Rとの事業融合化に向けて、ABBのロボット事業にB&Rマシンオートメーションを一体化し、B&Rのコントロール、I/O、ドライブのすべてのコンポーネントとロボットがワンストップショップできる体制にする。 B&Rは、2017年7月にABBグループに加わり、機械・工場オートメーション、モーションコントロール、HMI、総合安全技術などを担っている。ABBは、ロボティクスオートメーション事業を推進して行く上で、B&Rのモーションコントロール、HMIなどと連携した「完全統合型マシン・セントリック・ロボティクス・ソリューシ…


B&R 産業用画像処理システム「VISION」

多様なビジョンニーズに対応 B&Rは12小間のブースに、2020年3月から販売開始する産業用画像処理システムをはじめ、OPC UA over TSNを介してマイクロ秒精度で同期するリニア搬送システム「ACOPOStrak」、エッジコントローラ、IPC、表示機器などのデモ展示を行い、「Perfection In Automation」のコンセプトを訴求する。小間№4-38。 新製品の産業用画像処理システム「VISION」は、MVTec社のHALCONマシンビジョンソフトウェアライブラリを搭載しており、位置検出、検査、品質評価、測定、識別など、完全統合型マシンビジョンシステムとして使える。 また、…


B&R 「Power Panel T50」(Field HMIターミナル)

WebからHMI操作対応 B&Rのスイングアームへ取り付けができる「Power Panel T50」のFieldHMIターミナルは、組み込みブラウザを内蔵しており、同社のmappViewをWebベースのHMIアプリケーションで実行できる。このためオペレータは、必要な情報を必要な時・場所でアクセスすることができ、HTML5、CSS、またはJavaScriptプログラミングをバックグラウンドなしで、使いやすいHMIソリューションを作成可能。 操作は、マルチタッチ技術により、スワイプやズームなどの一般的に使用されるジェスチャーを統合して、直感的で明確に構成されたユーザーガイダンスを実現でき、投影型の…


B&R IIoT対応エッジアーキテクチャ

3つのソリューション準備 B&Rは産業オープンネット展で、OPC UAおよび、OPC UA TSNを利用したソリューションデモを行うとともに、セミナーではOPC UA TSNの仕組みとメリットを解説する。 同社のコントローラはすべてOPC UAサーバ、またはクライアントとして実装することが可能で、SCADA、MES、ERPシステムとの垂直方向の通信や、PLCからPLCへのベンダー独立型通信ができる。 また、Automation Studioエンジニアリング環境でOPC UAデバイスのコンフィギュレーションや、アクセス権の設定も数回クリックするだけでOK。 さらに、IIoT時代に最適なエッジアー…


B&R イノベーションズデー開催、FA・IoTの最新動向紹介

B&R(横浜市西区)は「イノベーションズ デー ジャパン 2019」として、セミナーをTKPガーデンシティプレミアムみなとみらいで3月22日開催し、約120人が参加した。 オーストリアに本社を置く同社は、FAコンピュータ・コントローラ、表示機器の大手FA機器メーカーとして、2014年3月に日本法人を開設、今年5周年を迎えた。17年にはABBグループに加わり、ものづくり現場でのコントローラとロボットを融合した新たな協業を強化している。 日本では初めての開催となるこのセミナーには、本社からステファン・シュネガー バイスプレジデントやABBジャパンの中島秀一郎ロボティクス事業部長らが講演し、FAを取…


B&R 産業用PC「Automation PCシリーズ」

AR OSとWinが共存 B&Rは、AR(Automation Runtime)リアルタイムOSとWindowsやLinuxを1台のIPC上で共存可能できるHyper Visor搭載可能な産業用PCとして、「Automation PCシリーズ」を販売している。 現在、900、3100、2100、2200の各シリーズがそろっており、Intel Atom~Core i~Xeonプロセッサを選択可能。 AR上でOPC UAサーバ、クライアント開発に対応。HyperVisor環境でARは、Windows10 IoTかLinuxを並行して稼働することも可能なため、IoTゲートウェイとして、本格的なエッジ…


B&R リニア超高速搬送システム「ACOPOStrak」/「SuperTrak」

独立制御シャトルで高速搬送 B&Rはスマート工場EXPOで、リニアモータを用いた超高速搬送システム「ACOPOStrak・SuperTrak」のデモを中心に、同社のコンセプトである「Perfection in Automation」を構成するラインアップの全容を展示する。小間番号はW27-11。 リニアモータを用いたフレキシブルな産業用コンベヤ・システム「ACOPOStrak(アコポストラック)」と「SuperTrak(スーパートラック)」は、永久磁石を動力源とし、トラック(ロングステータ・モータ・トラック)上に設置した搬送シャトルを動作させる機構で、ソフトウェアによってそれぞれのシャトルを独…


【各社トップが語る2019】B&R、リニア搬送の定着を推進

代表取締役 小野 雅史 日本法人を設立から2018年12月で4年半が経過したが、ようやく日本市場で基盤が整備出来てきており、感慨深いものがある。19年は会社として新しいフェーズに入る、結果を出す重要な年と見ている。 17年から訴求している次世代の産業用搬送テクノロジーであるリニアモータを用いた搬送システム「SuperTrak」や「ACOPOStrak」は、昨年約50社のエンドユーザーにアプローチし、訪問やセミナーなどを行った。 今後の市場での採用に非常に手応えを感じているが、新しいシステムだけに長期的視点でユーザーの理解が深めながら慎重に取り組んでいるところである。 ユーザーが採用しやすい環境…


ABB・B&R合同懇親会 グループ連携、取り組み確認

ABBとB&Rは、昨年7月にグループ会社となったことから、両社が合同で出展した「TOKYO PACK」開催中の10月4日、合同懇親会を東京コンファレンスセンター有明で開き、両社の取引先関係者などが参加した。 スイス・ABBとオーストリアのB&Rは、FA分野を中心に相互補完できる機器・ソリューションを有することから、B&RはABBグループの一員として連携した取り組みを進めているが、今回初めて展示会に共同出展した。 懇親会で日本法人のABBのアクセル・クーア社長は「TOKYO PACKでコラボして展示をしたが、好評を得ている。近い将来、完全に統合して新しいイノベーションを起こしていきたい」とあいさ…