azure の検索結果

東京エレクトロン デバイス、数分でIoTシステムを構築「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」販売開始

~IoTシステム初心者でも数分でIoTセンサー情報の見える化を実現可能~ 東京エレクトロン デバイス(横浜市神奈川区、以下TED)は、初心者でも数分でセキュアなIoTシステム構築ができ、センサー情報の見える化を実現できる「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」を2018年8月28日より販売します。 URL:https://esg.teldevice.co.jp/iot/portal/kit/detail-15.html ▲Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOMのイメージ   車載機器、ロボット、医療機器などあらゆるモノ…


GEとマイクロソフト、産業IoTで過去最大規模の提携 AzureをPredixの標準クラウドプラットフォームに

GEとMicrosoft、顧客企業のインダストリアルIoT導入の加速化に向け、過去最大規模の提携を発表 パートナーシップの拡大により、産業分野の企業がIoTやデータ資産からより優れた情報を得られるよう支援するとともに、GEのあらゆる事業部門でイノベーションを加速 GEとマイクロソフトは、両社の提携を拡大し、産業分野の企業がデジタル・トランスフォーメーションを進める上で直面する課題の解消に向け、オペレーション技術と情報技術の融合に取り組むことを発表しました。この協業の一環として、GEデジタルは、Microsoft AzureをGEのPredixソリューションの標準クラウドプラットフォームとし、P…


ソルティスター エッジコンピュータ向けミドルウェア Azureと連携

ソルティスター(長野県塩尻市)は、IoTにおけるエッジコンピューティング向けミドルウェア「SALTYSTER」と、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Azure」を連携した「SALTYSTER connect with Microsoft Azure」を8月21日から提供を開始した。 新製品は、センサーとゲートウェイ機器を用意するだけで、ゲートウェイからクラウドへ一気通貫でIoTのコストを削減するリアルタイムなエッジコンピューティングを実現する。 センサーから収集したデータの一次分析処理をゲートウェイ側で行い、必要なデータのみをクラウドにあげることで、同じクラウドコストでもより多…


IOTスマートファクトリー  アドバンテックとNWC Azureベースの ソリューション提供

FA、BA分野のビジネス開発強化 産業用コンピュータの分野で世界トップメーカーのアドバンテックと、ネットワーク・コーポレーション(横浜市都筑区、馬越伸太郎代表取締役、NWC)は、Microsoft Azureを使用したクラウドベースのソリューション提供について協業。ファクトリーオートメーション(FA)とビルオートメーション(BA)などオートメーション分野のクラウドソリューションの普及を強化する。 両社は、15年から「WebAccess+IoTソリューションアライアンス」を締結し、ビルディングオートメーションをはじめ、スマートファクトリーやスマート農業などのアプリケーションにフォーカスしたソリュ…


日本マイクロソフト、東京エレクトロンデバイスなど10社 IoTビジネス共創ラボ発足 Azureベースに商機拡大 1年以内に100社参加目指す

日本マイクロソフトと東京エレクトロンデバイスを中心とした10社は9日、IoTビジネス推進のための新団体「IoTビジネス共創ラボ(共創ラボ)」を発足した。Microsoft Azureを活用したIoTプロジェクトの共同検証を行い、日本市場におけるIoTの普及とビジネス機会の拡大を進める。 共創ラボは、東京エレクトロンデバイスが幹事社、日本マイクロソフトが事務局を担当し、アクセンチュア、電通国際情報サービス(ISID)、日本ユニシスなど8社が参加し、IoTのエキスパート企業10社でのスタート。1年以内に100社の参加を目指す。 発足会見で、幹事会社となる東京エレクトロンデバイスIoTカンパニーの八…


豆蔵HD 製造データロギングシステム発売 マイクロソフトAzureを活用

豆蔵ホールディングスは、事業会社のジェイエムテクノロジー(福岡市博多区下川端町3-1、TEL092-272-4151、佐藤浩二社長)が、製造装置や各種センサーのデータの収集・保管・分析を行う「J+Bridgeプロトコルコンバータ」と「J+Loggerデータサンプリングモジュール」をベースに、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure(Azure)」の仮想マシン上で稼働する製造データロギングシステム「DLS on Azure IoT」を1日から発売した。 同製品は、各種装置・センサーからの膨大なデータの蓄積、一元管理、解析機能によりデータの可視化が可能。装置状況、故障率など…


東京エレクトロンデバイス 設備稼働リモート監視キット、手軽にIoTシステム構築

東京エレクトロンデバイス(横浜市神奈川区)は、設備稼働のリモート監視システムを簡単に構築でき、稼働状況をモニタリングする「設備稼働リモート監視キット」を、9月30日から販売開始した。 同キットは、設備の積層灯の点灯状態をタワーライトセンサーで検出・送信し、IoTゲートウェイ経由でMicrosoft Azureに収集して可視化するIoTキット。 光学センサーで点灯状態を検出するAdvantech製のタワーライトセンサーは、EnOcean無線通信技術を用いることでバッテリーが不要となり、電源供給の配線作業が不要。ワイヤレスのため、製造現場の設備に設置された積層灯に簡単に取り付けができる。 積層灯の…


デンソーウェーブ「データ統合コントローラ&ソフト」新拡張機能版リリース、デバイスとクラウド簡単連動

デンソーウェーブは、データ統合コントローラ「IoT Data Server」とデータ統合ソフトウエア「IoT Data Share」の新拡張機能「Cloud Connector for Microsoft Azure」を9月1日にリリースした。 近年、急速に産業用途の機器がネットワークにつながり、製造業の現場ではさまざまな設備から収集したデータをグローバル規模で分析して活用したいという要望が増えている。しかしその一方、実際の工場には新旧含めさまざまなメーカーの機器が存在し、工場内のすべての機器をつないでデータをクラウドまで公開させることは困難な状態だった。 今回リリースした新拡張機能は、IoT…


日本ユニシス 設備点検支援サービス新機能、スマートグラスに対応

日本ユニシスは、構造物の設備点検業務を効率化する支援サービス「まるっと点検」に、スマートグラス対応やMicrosoft Azureを使ったデータの一元管理など新機能を新機能を追加した。 同サービスは、アナログ作業のデジタル化による業務効率向上、人材の高齢化による人手不足の解消、新人作業員への技術継承などの設備点検業務で顕在化している課題解決を、IoTデバイス・タブレット・ウェアラブルデバイスを活用して実現するサービス。 新機能として、スマートグラス版の提供を開始。従来のタブレット版に加え、HappyLifeCreators製「TASKel」を採用し、スマートグラスを利用した簡便な音声入力による…


【製造業BIツール導入事例】ヤマハ発動機、ジールの技術支援のもと、製造部門がグローバルなデータ分析基盤の構築・運用を実現

ヤマハ発動機は、BI・データウェアハウスソリューションを専門とする株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘)の技術支援を受け、販売データを起点とした生産や物流の最適化、製造部門のデータ分析基盤の構築に向けてBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを導入し、運用を開始した。BIツールを活用してどのようにデマンドチェーンの革新につなげたか。要点を抜粋して紹介する(導入事例の詳細・全文はこちら) 背景と課題 需給調整の精度を向上させる デマンドチェーン変革の実現を目指す  ヤマハ発動機は、グローバルで持続的成長を目指し、需給調整の精度向上を図るうえで、消費者の需要側から見た製品…