日本マイクロソフト、東京エレクトロンデバイスなど10社 IoTビジネス共創ラボ発足 Azureベースに商機拡大 1年以内に100社参加目指す

日本マイクロソフトと東京エレクトロンデバイスを中心とした10社は9日、IoTビジネス推進のための新団体「IoTビジネス共創ラボ(共創ラボ)」を発足した。Microsoft Azureを活用したIoTプロジェクトの共同検証を行い、日本市場におけるIoTの普及とビジネス機会の拡大を進める。

共創ラボは、東京エレクトロンデバイスが幹事社、日本マイクロソフトが事務局を担当し、アクセンチュア、電通国際情報サービス(ISID)、日本ユニシスなど8社が参加し、IoTのエキスパート企業10社でのスタート。1年以内に100社の参加を目指す。

発足会見で、幹事会社となる東京エレクトロンデバイスIoTカンパニーの八幡浩司プレジデントが、IoT市場の動向と同ラボ発足の狙い、活動について説明した。

同ラボは「IoTエキスパートによるエコシステムの構築」と「プロジェクトの共同検証によるノウハウ共有」「先進事例の共有によるIoT導入の促進」の三つを目的として発足。ビジネスWGと分析WG、分野別の製造WG、物流・社会インフラWG、ヘルスケアWGの合計五つのワーキンググループでプロジェクトを共同検証していく。

今後の国内のICT市場は、2019年まで25兆円規模の横ばいで推移。そのうちIoT市場が9兆円を占め、これが19年には16兆円になると予想。八幡氏は「今後5年間でICT市場25兆円の中の構造が変わる。IoT市場は7兆円ののびしろがあり、ここにエコシステムを結集して臨んでいく」としている。

次いで、同ラボにおける日本マイクロソフトの取り組みについて、同社の樋口泰行会長が説明。

同社はIoTを支えるコンピューティング環境としてAzureを展開中。「Azure IoT
Suite」による共同検証の支援をベースとしたIoTソリューションの開発を促進するほか、共同検証の結果を発表するセミナー、エンドユーザーとの同ラボのメンバー企業とのマッチングの場などを提供していくという。さらには、Azureとの接続に関してあらかじめデバイスを認証する「Microsoft Azure Certified for
IoTプログラム」を提供し、デバイスとクラウドのエコシステムをつないでIoT普及を支援していく。

樋口会長は「イベントやセミナー等を実施し、1年間で5000人にリーチしたい。第1回は3月10日を予定している。またIoTエキスパートとのマッチングや先進事例のモデル化推進、案件の共同開拓を通じ、1年以内で100案件の創出を目標とする」と話した。

またIoT技術者育成にも力を注ぎ、「1年間で90回以上の無償トレーニングを行い、1万人を育成する」(樋口会長)とする。IoTデバイスの接続の基礎から、高度な分析まで教育していく。

■これまでのIoT関連団体との違いは?
昨年、インダストリー4.0やIoTを活用した製造現場の革新を推進する多くの団体・グループが発足した。GEやインテルが主導し、日本企業も参加する「IIC(インダストリアルインターネットコンソーシアム)」、つながる工場のため“ゆるやかな標準”を目指す「IVI(インダストリアルバリューチェーンイニシアチブ)」、国のロボット新戦略からスタートした「ロボット革命イニシアチブ協議会」、そして昨年11月に経産省と総務省がタッグを組んで立ち上げた「IoT推進コンソーシアム」などがある。

今回の共創ラボも目的はIoTビジネスの普及であり、はじめに製造業をメインターゲットとする意味では、先行する他の団体・コンソーシアムと変わらない。では、同ラボはこれまでのものと何が違うのか?

同ラボは、IoTプラットフォームとしてAzureを利用するほか、ソリューションとしてAzure IoT Suite、デバイス認証としてAzure Certified for IoTプログラムが整備されている。

また、半導体商社・メーカーとしての東京エレクトロンデバイス、Windows
EmbeddedからWindows10まで幅広く組み込み、業界を支え、さらにクラウドサービスまで手掛けるマイクロソフトがタッグを組むことで、IoTデバイスとクラウドをカバーしている。統一したプラットフォームのもと、メーカードリブンで具体的にIoTデバイスの開発から、その活用ソリューションまで一貫して実行できる。

IoT共創ラボ参加企業
東京エレクトロンデバイス
日本マイクロソフト
アクセンチュア
アバナード
テクノスデータサイエンス・マーケティング
電通国際情報サービス
ナレッジコミュニケーション
日本ユニシス
ブレインパッド
ユニアデックス

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG