豆蔵HD 製造データロギングシステム発売 マイクロソフトAzureを活用

豆蔵ホールディングスは、事業会社のジェイエムテクノロジー(福岡市博多区下川端町3-1、TEL092-272-4151、佐藤浩二社長)が、製造装置や各種センサーのデータの収集・保管・分析を行う「J+Bridgeプロトコルコンバータ」と「J+Loggerデータサンプリングモジュール」をベースに、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure(Azure)」の仮想マシン上で稼働する製造データロギングシステム「DLS on Azure IoT」を1日から発売した。

同製品は、各種装置・センサーからの膨大なデータの蓄積、一元管理、解析機能によりデータの可視化が可能。装置状況、故障率などの傾向を把握し、品質改善や生産性の向上を実現、構築・運用コストの削減、システム保守の簡略化、データの地域分散保全など、オンプレミス上に構築されたシステムにおけるもろもろの課題を解決できる。柔軟で拡張性が高く、ディスク容量を容易に変更可能。製造装置や各種センサーからのデータを取得し、Azure上のデータ基板に集約。年単位の膨大なデータを保存・解析。ある特定時間帯における各装置でのパラメータ比較や、あるパラメータが特定の値を超えた時間を表示するなど、取得した装置データを多種多様な方法でデータの可視化ができる。

さらに顧客の製造技術・品質管理のノウハウと、Azureの機械学習サービスを組み合わせることで、各種装置の予防保守や生産予測の高速化、さらなる製造管理、品質管理の業務効率化に貢献。データ解析による問題発見や機械学習による将来予測などもできるようになっている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG