東京エレクトロンデバイス 設備稼働リモート監視キット、手軽にIoTシステム構築

2020年10月7日

東京エレクトロンデバイス(横浜市神奈川区)は、設備稼働のリモート監視システムを簡単に構築でき、稼働状況をモニタリングする「設備稼働リモート監視キット」を、9月30日から販売開始した。

同キットは、設備の積層灯の点灯状態をタワーライトセンサーで検出・送信し、IoTゲートウェイ経由でMicrosoft Azureに収集して可視化するIoTキット。

光学センサーで点灯状態を検出するAdvantech製のタワーライトセンサーは、EnOcean無線通信技術を用いることでバッテリーが不要となり、電源供給の配線作業が不要。ワイヤレスのため、製造現場の設備に設置された積層灯に簡単に取り付けができる。

積層灯の点灯状態のデータはクラウドに収集し、IoTプラットフォームで点灯・消灯・点滅の状態をモニタリングし、設備の稼働状態の可視化と稼働率の累積表示が行える。最大4色の積層灯まで対応し、積層灯に応じて、表示形式をカスタマイズすることも可能。データはCSVファイルで出力して分析に活用することもできる。

提供価格は29万8000円。

設備稼働リモート監視キットのイメージ