パトライト 音声対応ネットワーク制御信号灯 光と音・音声で即報 セキュアなプロトコル対応

パトライトは、セキュアプロトコルに対応し、安心してネットワーク環境の可視化を実現できる音声対応ネットワーク制御信号灯「NHV型」4タイプを発売した。

同製品は、HTTPS・SNMPv3・SSH・OAuth2.0等のセキュアなプロトコルに対応し、安心安全な通信が可能。AWS IoT Core/Azure IoT Hubのクラウドサービスに対応し、サーバーレスで信号灯を制御可能。

またテキスト情報を音声に変換する「Text to Speech(TTS)機能」を搭載し、音声作成が簡単に設定でき、コマンドにテキストを入力しておくことで音声の自動読み上げも可能になる。

音声対応モデル、音声対応デジタルIO搭載モデル、音声対応デジタルIO搭載・PoE受電モデル、音声対応メール検知モデルの4機種をラインアップ。

音声対応デジタルIO搭載・PoE受電モデルNHV-DPはPoE受電ができ、省配線設置が可能。音声対応メール検知モデルNHV-Mはメール検知ができ、顧客からの注文メールやシステム異常など重要なメールが届いたときに光と音で知らせ、即座に対応が可能となる。

主な用途は、オフィス・官公庁ではネットワークシステムや機器の異常検知と対応の迅速化に有効で、工場ではデジタルI/Oを備えたモデルを利用し、温度のしきい値超えや設備の異常信号を受け取ることによる可視化と、ネットワークを介しての遠隔報知を通じてトラブルの早期対応を可能にする。

初年度3000台の販売を目標とする。

https://www.patlite.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG