巣ごもり中に 学ぼう「DX」! 経済産業省、ステップ講座情報ナビ開設

製造業はじめ社会全体でDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む重要性が高まり、それを実践する人材育成やスキルアップも必要となっている。経済産業省では、そうした「DXを学びたい」という人のために、無料のオンライン学習コンテンツをまとめて紹介するWEBサイト「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」を開設している。

「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」では、自宅に居ながら新しい知識やスキルを習得したいが、何をどのように学んだらよいか分からないという人のために、新たな学習を始めるきっかけが得られるよう、誰でも、無料で、デジタルスキルを学ぶことができるオンライン講座を紹介している。

講座はAIやデータサイエンス、クラウド、IoTといった具体的なデジタル技術から、開発技術やプロジェクトマネジメント、サービスマネジメントといった案件の進め方、さらには経営戦略、企業と法務といったサービス開発やデジタル経営に必要な戦略レベルのものも用意している。
レベルも、入門、基礎、上級を用意し、イチから学ぶ人、すでに技術を習得していてさらに上を目指したい人までを網羅的にカバーしている。

具体的な講座として、例えばグーグルが提供する「はじめてのAI」は、AIを入門編から学ぶことができ、アイデミーの「Python入門」は開発言語であるPythonを学ぶことができる。
日本マイクロソフトは「AZ-900対応 Azureの基礎 第1部〜第6部」としてクラウドサービスMicrosoftAzureを、トレノケートは「AWSのより良い設計」としてAWSを取り上げている。
またトレノケート「30分でわかる!パスワード管理の重要性」、情報処理推進機構「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」「テレワークを行う際のセキュリティ上の注意事項」、リンクトイン・ジャパンの「ソーシャルメディアマーケターになる」など、幅広い企業が多くのコンテンツを提供している。

https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/sugomori/index.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG