IDEC、MQTT対応PLCがMicrosoft Azureに対応 簡単・シンプルな構成でIoT・データ活用が可能に

IDECは、MQTT対応のプログラマブルロジックコントローラ「FC6A 形 Plus CPUモジュール」について、汎用的なMQTT ブローカーや AWS接続対応に加え、このほどソフトウェアバージョンアップによってMicrosoft Azure との接続に対応した。

これまでPLCをクラウドと接続するためにはIoTゲートウェイや中間サーバーを設置する必要があり、システムが煩雑でコストも高くついてしまうという課題があった。それに対してMQTT 対応の同製品を使うことにより、PLC から直接クラウド等のデータ収集サーバーと通信できるようになる。また制御とセンシング、通信を 1 台で行えるようになり、システムのシンプル化を実現。ModbusやEtherNet/IP 等の産業用通信プロトコルへの対応によって周辺装置の監視用データを収集可能となる。

これまでAWS接続には対応していたが、今回のバージョンアップによって簡単な設定で Microsoft Azure IoT Hub に接続できるようになり、Azureをベースとしたさまざまなサービスとの連携も容易になる。Azure IoT Hub Device Provisioning Service(DPS)に接続することで多数のデバイスをまとめて効率的に管理することが可能になる。また、Azure IoT Central アプリケーションを活用すると、クラウド上で作成したダッシュボードに対して、簡単にデータ連携を行う事もできるようになり、生産現場だけでなく、さまざまな機械・設備で同製品を IoT コントローラとして使うことで、低コストで効率的なデータ収集、活用ができるようになる。

https://jp.idec.com/idec-jp/ja/JPY/PLC/PLC/FC6A%E5%BD%A2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9/c/MicroSmart_FC6A?page=1

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG